広島戦@埼スタ
埼スタの映像担当者さんはNice Save!ボタン(そんなのあるの?)の
押しすぎで指が痛くなっていませんか??

ちょっと理由wがあって風邪が良くならず。今日はテレビで済まそうかな?
と思いつつ気が付くとメタ太郎を口ずさみながら埼スタへ(なんの話だw

ウタカのPKが決まっていたらまったく別の試合になっていたかもしれない、
3-0のスコアほど楽勝でもなく、リードされて本気を出した広島のパスワーク
に翻弄され両サイドを広く使う攻撃にシュートを打たせない守備が出来ず西川
くんが集中砲火を浴びることに。まぁミラーゲームなので一人外されるとこう
なってしまうのかもだけど…
この試合では左サイドがミキッチに完敗、もっとウガと関根くんが連携して
ケアしないと一対一ではやられすぎた。
先制はカウンターで柏木が持ち上がり右サイドから崩しフィニッシュは千葉が
丁寧に合わせゴール左隅に流し込んだ。前節もサイドからの崩しが相手に当た
りオウンゴールにしたけどこれは守備側がギリギリの対応をせざるを得ない
カタチを作っているから起きることでもあるわけで。

終始ミキッチへのケアが出来ずミシャは関根くんを右に回しなんと遠藤を
左CBにして対応。この交代策はあまり効果があったとは言えないけど森保
が早めにウタカを諦めてくれたことで前線で一発の怖さがなくなり守備の
緊迫感はかなり減ったように見えた。
関根くんを右にシフトしたことでoutした駒井は残念ながらこの試合では弱点を
露呈してしまったかな?レッズの攻撃の大きな武器である逆サイドからのロング
パスのトラップが決まらずマッチアップした柏にボールの取どころにされる始末。
プレッシャーの掛かる状況で正確なトラップと次のプレーに繋がる位置にボール
を置くスキルは普段ウメや関根くんを見ていると出来て普通に思えてしまうけど
相当ハイレベルなプレーなんだなぁ。


高木俊幸は去年の埼スタ広島戦のリベンジをしたね。
試合後の彼の落ち込みようは見ていられない程だったけど今年は胸を張り自信
に満ちた表情だった。3点目の絡め取るようなトラップは素晴らしかったなぁ、
もうそこで勝負は決まったようなものであとはGKの位置を見て撃つだけだった。
1ゴール1アシストを決め誇らしげに北サイドスタンドにアピールする姿はこれ
までのどこかナイーブな様子とは別人のようだったね。
リオ五輪はレッズとって主力2名を抜かれる大きな試練だったけど高木の覚醒や
那須のプライドを感じる主力返り咲きなどレッズの身になる試練だったのかな。
[PR]
# by caz0322753 | 2016-09-26 15:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
BABYMETALワールドツアーファイナル@東京ドーム
BABYMETAL World Tour 2016の最終公演に行ってきました
a0005688_20262943.jpg


4月2日、2ndアルバム発売と共にツアーをスタートさせたBABYMETALは
欧州、北米ツアーを経てようやく母国・Land of the Rising Sunへと戻って
きました。

このあまりにも濃すぎた二日間を一言で表すと『すごかった』
文才のない僕にはこれ以上表現しようがないのです。
ライヴとしては不満な点もあったけどスタジアムクラスのショウとしては
極上の出来でした。世界中どこへ出してもこのクオリティは絶賛されると思う。
僕ら一般人より同業者の人たちのほうがより衝撃を受けたかも…
a0005688_20294861.jpg

二日間とも東京ドームは外野スタンドまで解放した文字通りぎゅうぎゅう
パンパンのフルハウス。
RED NIGHTはそんな様子を2階スタンドから俯瞰していたわけですが
途中で何度も目頭が熱くなってしまい視界が…
BLACK NIGHTはアリーナでした。地上から見ると全容が把握できない
程巨大なセットに禍々しい魔晄炉のような塔がそびえたつ様相は圧巻でした。
この日は1stアルバム中心の構成でこれまでの足跡を辿るような演出が随所に
ありシアトリカルな演出はBDでしか見たことがない僕のような新規には磔を
会場で観れたのが嬉しかったです(どんな感想なんだよw)
そんな東京ドーム2Days、とても密度の濃い二日間だったので印象的だった
シーンをいくつか記しておきます。

「Amore-蒼星-」ステージにそびえたつ塔の頂点に君臨し55,000人の
民衆…いや観衆の視線を一身に浴びながら高らかに歌い上げる姿はこんな
18歳がこの世に存在するはずがないと思うほど神々しかった。
すぅさんの目の前にどんな景色が広がっていたのか…いずれ話してくれる日
がくるかな。
「Tales of The Destinies」ライヴで演奏するの?と言われていたこの曲も
当然のように奏でられました。神バンドの生演奏とマニュピレーターを駆使
しプログレメタルの複雑な変拍子を完全再現、由結と最愛がピアノパートに
合わせて踊った振りは表現出来ない可愛さだった。BABYMETALのすべての
振り付けを担当するMIKIKO先生の発想力の凄さには感服するしかない。

「NO RAIN NO RAINBOW」Legend 1999と赤い夜でしか披露されたことが
ないパワーバラード。生歌で聴くとメタルじゃない曲を歌う中元すず香が見た
いなぁと改めて思ってしまう。
「メギツネ」今年の北米ツアーから曲中でオーディエンスを煽るようになり
さらに化けたキラーチューン。SU-METALの目力の強さで55,000人を取り憑
かれたように熱狂させにやりとした表情が最高だった。
「紅月」今年のワールドツアーではセットから外され(!)てしまったのが
すごくショックだった。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」と「紅月」は
BABYMETALの持つ多様性の代表ではないかと。パイロがこれでもかと焚か
れるラウンドステージで会場を360度回りながら歌う凛とした姿を見てまた
泣けました。

エンディングの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」が終わりコール&レスポンス
で三方向に延ばされた花道を一つずつ回りながらすぅさんが足を滑らせ
コケたそうで(僕の位置からは見えなかった)
そのあと三人がくっついて顔をクシャクシャにして笑っていた姿はキツネさま
に遣わされた使徒であるBABYMETALではなくありのままな屈託のない十代の
少女三人だった。
同じ時代に生まれ幼い頃から同じ芸能プロダクションに所属しKOBAMETALが
可憐girl'sの中元すず香の歌声惚れ込み試行錯誤して自分が大好きなメタルを
歌わせようと思いついた奇跡の集大成、それがBABYMETALなんだよね。
あの笑顔の理由はやり切った充足感、とんでもないところまで来た達成感それ
とも重い重い荷を下ろした安堵感、開放感なのかな。
こんな小さな少女たちが退屈だと思えば容赦なく態度で示す欧米の厳ついメタル
ヘッズが集まるラウド系フェスのステージに立ち実力で屈服させ口うるさい欧米
のメタル系ライターやメディアを認めさせてきたのかと思うと三人の素に戻って
しまいはしゃぐ姿を見て泣けてしまった。

今までの大きなライヴでは最後の紙芝居で次のイベント告知がある流れでした
が今後の予定はOnly The FOX GOD Knows…
次々とファンの想像の上を突き進むBABYMETALはしばし休息のときを迎えた
ようです。(と言っても12月にはレッドホットチリペッパーズというビッグ
ネームのスペシャルゲストでUKアリーナツアー8本が待っていますが)
普通なら東京ドーム公演は”上がり”なのだけど道なき道を進むBABYMETALに
とってここはまだ通過点。次の展開がどうなるか分かりませんがきっとまた
僕らの想像を上回る展開が待っているんでしょうね。そして彼女たちはどんな
困難でも固い絆を武器に乗り越えていくのでしょう。
[PR]
# by caz0322753 | 2016-09-22 00:53 | BABYMETAL | Trackback | Comments(4)
鳥栖戦@埼スタ
結構涼しくなったなーと思い久しぶりに駅から歩いて埼スタへ

フィッカデンティの鳥栖とはawayで恥も外聞もない籠城戦にまんまと
嵌められスコアレスドローに持ち込まれた嫌な記憶があったのだけど
あの頃とは別のチームのようでこの試合のようなのが本来やりたい
ことなんだろうな。

ようやくメンバーが揃いミシャがスタメンをどう組むのか不安だったのだ
のだけど那須や高木、ズラタンはそのままで安堵した。
一時期は心身ともに疲弊しているようだった関根くんは発熱で一時チーム
を離れたことが結果的にその最近の好調さに繋がったんじゃないかな。
ウガの先制点は厳しめの対角線のロングフィードを収め一度はロストした
ものの鋭い動きで奪い返したことが先制に結び付いた。
武藤のゲットをアシストしたシーンは守備のギャップを使い上手く阿部の
パスを引き出した。身体と頭のキレが戻ったことで本来のパフォーマンス
を取り戻したようだった。

前半2-0は危険なスコア…とよく言われるけど鳥栖の攻撃は以前のように
憑りつかれたようなパワープレーを仕掛けてくることもなく。
ただミシャのまだ30分は時間がある時点でのKL二枚替えは驚いたね、
ただなりはともかく興梠さんはブラジルから戻ってきてからプレーに精彩
を欠く状態が続いている。KLMのトリデンテの崩しは嵌ればとても美しい
得点シーンを生み出すけど万全な状態でさえ滅多に(ry
幸いズラタンと高木がフィットして武藤も本来のポジショニングセンスの
良さでチャンスに絡むシーンが増えているのだし興梠さんは無理使いせず
一旦リフレッシュさせるなりして最後の勝負どころで戻ってきてもらった
ほうがいいのでは?

考えてみれば今年移籍してきた遠藤航は1月からU-23で始動していてその後
もレッズ、五輪代表で出ずっぱり。ただでさえACLが絡むとコンディション
維持は厳しいわけで…
[PR]
# by caz0322753 | 2016-09-12 11:37 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
べびーめたるですっ!
BABYMETAL with FULL METAL BAND LIVE TOUR 2013 - Trailer

2013年、BABYMETALは用意周到にライヴバンドとして動き出した。


あれほどバカにして子供にこんなことをさせているオトナに怒りすら感じていた
のにそれが一変したのがBABYMETAL DEATHのライヴ動画を見たときだった。
これは本当にヘヴィメタルが好きな奴が楽曲制作に関わっているんだなと分かった
瞬間全ての見方が変わった。
[PR]
# by caz0322753 | 2016-09-10 00:41 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
まともなリーグ戦が復活?

J1、1ステージ制復活へ議論開始 実行委員会、早ければ来季から(スポニチ)
ま、2ステージ制もチャンピオンシップもそれがリーグの強化や選手育成に
必要だとかの大義名分や長期的なビジョンがあって始めたわけではなく単に
目先の年間10億円が欲しかっただけなので安いもんだったんだなとしか。

当ブログはトップ画像の前髪ぱっつんピカチュウが話している通り2ステージ制
とプレイオフ導入に断固反対するスタンスです。

降って湧いたようなパフォームグループという外資からの巨額オファーに飛び
つき10年間2100億円の収入を確保?したのだから渋々導入した2ステージ制と
プレイオフなどすぐに捨ててしまおうという議論は目先の金に飛びつくJリーグ
としては極めて妥当な判断。
ただ、すごく不安なのはパフォームグループの映像配信を受け持つDAZNが本当
に今までのクオリティを維持したJリーグ(それもJ3まで網羅)配信が出来る
のだろうか?という点なんだよなぁ。
配信内容には景気のいい言葉が並ぶけど月額1750円(税別)でJ1だけでも大丈夫?
と不安なのにバスケだモタスポだ野球だとなんでも詰め込んでいるわけで…
スマホメインの動画視聴が日本でどこまで受け入れられるか(スポーツ中継の
視聴者層がスマホ中心のライフスタイルな若年層と被らない)かなり疑問が
ある。

そしてDAZNが投資に見合わないと判断する可能性も(高確率のような)考え
られるわけで巨額資金が引き揚げられた後にJリーグが生き残れるような土台を
この年間100億円以上の資金でどこまで作り上げられるか?目先の金のことしか
アタマにない100年構想のJリーグの先行きはとても安泰と思えないのです…
[PR]
# by caz0322753 | 2016-09-07 09:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
神戸三連戦が終了
この2連戦、誰もが思ったのは『なんでこれをリーグの試合で…』
ではないでしょうか?

テレビで見ていた1stレグから興味深かったのは左サイドの関根くんと神戸の
右サイドの峻希のマッチアップ。
トップデビューした頃を思い出すような1対1なら絶対に抜いてやるとの意思の
塊のような仕掛けで峻希に挑む様子が楽しかった。
やっぱりフットボールの基本は1対1の勝負だよなぁ。
そんなやられっぱなしでいられるかといきなり峻希の抉るような突破からの
シュートがバーに弾かれて始まった2ndレグは勝つしかない神戸がプッシュして
くる展開のセットプレー崩れから目の覚めるようなカウンターで関根くんが頭
で競り勝ち高木俊幸に繋いだ先制のゲット(アグリゲートスコア3-1)でQ Final
の勝負は決した。

このQ Final試合で一番輝いていたのは文句なしで高木俊幸。中々思うようなプレー
が出来ずミシャスタイルでもがいていたけどようやく自分の力でチームを上に
進めさせたと実感できる仕事が出来てこれから変わるんじゃないかな?
試合後脳裏をよぎったのは11年のリーグカップS Finalでファイナルへ導くゴール
を決め感極まっていた梅崎司の姿。またきっとウメはこの場所に戻ってくる、
這い上がってくるはず。
[PR]
# by caz0322753 | 2016-09-05 16:20 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
無題
フルハウスの埼玉スタジアム2〇〇2に流れる爆音のEDMパーティーチューン
「ばもにーぽー」に合わせてうぇい系なぱーてぃーぴーぽーが90分間歌い踊る
夏の終わりの一大イベント「ワールドカップアジア最終予選ROAD TO RUSSIA」
が無事終了。

いや、無事じゃないけど。

ハリルホジッチは審判にかなりご不満でピッチに踏み込み抗議してたけど
あれでよく退席にならなくて済んだよね、その審判のおかげでしょw
確かに準備時間が僅か二日しかない点は考慮しなければいけないけどそれを
差し引いても攻守に組織の欠片も約束事も見えず各々がバイタルに詰めかけ
ヲサレフリックや無理やりな突破を仕掛け(それでもスタンドからは歓声が
沸く)がら空きスカスカな逆サイドなど眼中になく中央を固める相手に突っ
込んでいく姿を見てから一夜明けて本田さん(世界のACミラン所属)の
海外の厳しさについての有難いお言葉を目にしてなんだかなぁと。

日本サッカー協会はブラジル大会での惨敗を全部Jリーグの力不足が敗因で
あるかのように誘導し大きな収入源の代表のブランド低下を回避すること
しか考えず強化の失敗を認めようとしなかった。
最終予選というプレーヤーや日本のフットボールの将来をを左右するような
最も大切な試合をお祭りと勘違いしホームの雰囲気を全く作れなかった客層
しか呼び込めない今の代表が97年のときのような逆境を乗り越えられるん
ですかね?
[PR]
# by caz0322753 | 2016-09-02 09:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
川崎神戸戦から~の現実逃避行
川崎戦の負けは負けた気がしない決定機を外す度アタマを抱えた湿度が
高い負けでしたが神戸はネルシーニョの術中にまんまと嵌ったというか
しょーもない気の抜けた試合でこれ以上語る言葉は罵詈雑言しか出て
こないので…

嫌なことがあるととなぜかさくら学院、それも10年度から12年度の動画
ばかりを眺めてしまいます。
My Graduation Toss /さくら学院 2012年度卒業式から

さくら学院2代目生徒会長・中元すず香がさくら学院のステージで最後に歌った
のが「My Graduation Toss」
小学5年生のとき、振り付け担当のMIKIKO先生に教えられたステージの上で
は絶対に泣くなとの教えを頑なに守り泣きそうなのを堪えている姿がすぅさん
らしいなぁと。
前年度さくら学院を卒業した三人の存在感があまりにも大きく一人で最上級生
になりグループを背負っていくことに思い悩みながら成長したことがその後の
彼女の大きな糧になったのだというのが伝わってくる迫真のステージだと思う。
[PR]
# by caz0322753 | 2016-08-29 23:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)
来日決定

Paradise City/GUNS N' ROSES (Houston 08.05.16)


GUNS N' ROSESはアクセルがいれば成り立つ…と言う人もいれば僕のように
あれは誰だか知らねぇ連中ばかりのアクセルのソロだと思うヤツもいるわけで。
CHINESE DEMOCRACYはそれなりに気に入って聴いているし何度か来日した
のは知っていたけどライヴに行く気には全くならなかった。

バンドとはただ上手いメンバーを揃えていい演奏が出来れば人を惹きつける
訳ではないものでスラッシュとダフが戻ってきたGNRにはやっぱりアクセル
だけでは出せないオーラを感じてしまうんだなぁ(それが思い込みだとしても)




そういえば…と画像フォルダを探したら
a0005688_22504973.jpg

ダフともズっ友撮影済みでしたね。
[PR]
# by caz0322753 | 2016-08-19 22:52 | おんがく | Trackback | Comments(0)
BABYMETAL APOCRYPHA THE WHITE MASS DAY1
BABYMETALのメンバー限定ライヴ APOCRYPHAなんたらに行ってきました。
今回の限定ライヴはドレスコードがコープスメイク(白塗り)で東名阪6公演と
今までにない規模で各地に白塗りの怪しい男女の集団を出現させています。
東京会場はお台場のZepp東京…夏休みの観光地でなに晒させるのかと(´・_・`)
a0005688_2161798.jpg

a0005688_2164088.jpg


去年の横アリ2DAYS以来のBABYMETALのライヴ。
ずっと早くライヴで聴きたいと思い続けていた「Amore-蒼星-」のイントロ
SEが流れてきた瞬間鳥肌がたちSU-METALのアカペラが聴こえてくるとじーん
として身動きもせず聴き入ってしまった。
ウェンブリーアリーナでのギクシャクした初披露から欧州、北米ツアーで
曲が育ちいい感じになってきたなぁと。

入場が遅い番号だったので三人の姿はあまり見えなかったのだけど音はクリア
でいい感じだったのですぅさんの突き抜ける歌声を心ゆくまで浴びてw大満足
でした。
[PR]
# by caz0322753 | 2016-08-18 21:34 | BABYMETAL | Trackback | Comments(2)