浦和の総力戦 ACL準決勝上海上港戦2ndレグ
最後の拠りどころ
a0005688_22443365.jpg

10年ぶりかー

44,357人。浦和の総力戦に駆け付けた浦和者の数。
ここぞという時はどこからともなく集結する頼もしさ。

今シーズンのACLノックアウトステージは1回戦、準々決勝共にかなり
難度の高い勝ちぬけ条件をクリアしてきた。
準決勝はそれと比べると少し条件がよいのだけどここまで2ndレグの
埼スタで勝てばいいんだろ!と開き直って勝ち抜けたのと違い少し
色気を出したら逆にダメなんじゃないだろかと心配はあった。

…ところがー
研ぎ澄まされ鬼気迫る形相でボールを人を追いまくり体を張った守備で
寄せつけない、槙野はフッキを完璧に抑え込み青木が加勢する、空けた
スペースは武藤や興梠さんまで下がり必死に埋める。1stレグで効いてい
た長澤がこの試合でも存分に効いていた。高い位置からの守備、球際の
強さが際立っていた。
1点を返せば俄然有利になる上海上港は立ち上がりからハイプレスを仕掛
けてきたけど動ずることなくボールを動かす落ち着き…神戸戦のあれとは
全然違うぞ…w
早い時間に先制したことが逆にネガティヴに作用し守りの意識が強くなり
すぎないか心配したけど圧し込まれても低い位置から常にカウンターをちら
つかせ続けることが出来ていた。

後半は更に攻勢に出てこられ蹴りだすシーンが増えたけど上海上港の攻撃
はフッキ偏重だったね。1stレグで何度も決定機を演出したアフメドフも
オスカルも殆ど存在すら感じなかった。レッズはフッキを複数で囲い自由
を与えなければほぼ攻撃の手を封じることが出来たのが大きかった。
リーグ・神戸戦の凡庸だった同じチームと思えない程プレーがソリッドで
ハイテンションで上海上港に付け入る隙を与えずウノゼロでタスクを達成
し10年ぶりにアジアの頂点に立つ権利を得た。
a0005688_23253632.jpg


10年前はACL初出場ですべてが新鮮と同時に怖いもの知らずだったよう
に今は思う。
あれから低迷期を経て再びアジアのステージに戻ってきた今だからこそ
ファイナル進出までの道程の厳しさが分かる。
一度あの歓喜を味わい低迷したから余計にアジアチャンピオンの重さが
分かるようになった。
ファイナルの相手はサウジアラビア王国のアルヒラル。
今シーズンは想像もしていないことばかり起きたけどACLだけは狙って
いたタイトルに手が届く位置までたどり着いた。あと2試合もあの痺れる
ような刺激をもらえるとはなんと幸せなんだろう。
[PR]
# by caz0322753 | 2017-10-19 23:28 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
斜陽
二週間の中断でようやくまとまった時間が取れたわけだけど結論から
書くと堀レッズに良化の兆しは見えなかった。

堀さんが指揮を執ると決まった時、僕は余りにも攻撃側に尖ったレッズ
を少し修正して守備意識をもう一度チームにもたらしてくれるのでは?と
期待した。ミシャの下で5年半チームを見ていたのだしベースは弄らずに
立て直してくれたら…と。
だが以前のエントリで書いたけど堀さんはミシャ式ではなく自分なりの
やり方に大きく路線転換をした。
実績がない新人監督(正確には違うが)を評価出来るかの判断基準でいう
と堀さんのやり方では先は明るくないと思う。あれほどボールを動かす
ことに長けていたチームが今ではぎこちなく停滞し迷っている姿を見るの
はかなり悲しい。
[PR]
# by caz0322753 | 2017-10-15 17:02 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
BABYMETAL 巨大キツネ祭りin JAPAN@さいたまスーパーアリーナ Day-2
day-1からの続き。

BABYMETALはストイックだ。

ライヴ活動以外一切の芸能活動をせずひたすら最高のライヴを見せるため
日々努力している。
これだけネットが普及しSNSで発信することが当たり前の世界でBABYMETAL
は頑なに自らを晒すことを避けストイックにライヴだけに集中している。
ファンはBABYMETALに飢えBABYMETALを渇望しだからこそライヴは欲求が
一気に解き放たれ狂乱の渦になりカタルシスを覚える。


day-2はモッシュッシュシート(スタンド)からでした。
二日間公演だとどちらかをモッシュッシュPIT(アリーナ)にしてもう
一日はゆっくりステージを見たいと思う。PITのスタンディングだと
よほどいい場所でない限り三人のダンスどころか姿も良く見えないからね。
THE ONE先行の申し込みをしたときはまさか両日当選するとは想定して
いなかったので(東京ドームが5連続先行抽選もれでしたから)両日当選
には結構驚いたなぁ。
だがしかしday-2のチケを発券すると400レベル…ザワン先行で4階席は
ないなーと若干ダウナーになったのは贅沢なんでしょうか…
a0005688_2212628.jpg

これが400レベルからの眺め(開演前なのでこれでもギュウギュウではない)
PITは遥か眼下…
BABYMETALのライヴには目障りなサイリウムやペンライトはない。
ほぼ真っ黒なオーディエンスが一つの有機体のように蠢くだけ。

セットリストはday-1から「Amore」が「紅月」に「4の歌」が「GJ!」と
2曲変わっただけ。
「紅月」ではステージ上に吊るされた十字架状の照明が降りてきて意味深
な雰囲気を作り出す。紅月ではパイロを焚きまくることが多いけどこの日
はスモークで自重気味w
しかしいつ見ても紅月はいい。ギターソロパートで左右に従えたギターの神
を指し示す仕草が最高にカッコいい。大村さんと藤岡先生がステージセンター
に出てきて奏でるツインリードのユニゾンも決まり過ぎてニヤニヤしてしまう。

二日間通じて感じたことなどを。
ベビメタのライヴで以前から不満だったことは音響面。音圧はそれなりに
出ているけど高低のバランスが悪く低音が弱かった。
メタルユニットを名乗るなら低音はもっと分厚くそれでいて高音は潰さず
クリアに出して欲しいなと。
さいたまスーパーアリーナのようなバランス取りが難しそうな会場であれ
くらい出来るようになったのはビッグネームのアリーナツアーに帯同した
成果なのかもしれない。

会場にはベビメタのコスプレをした女子や親につれられた少女の姿多くて
改めてファン層の広がりを実感した。と同時に客入れBGMでメタルの定番
ともいえる曲が流れてもほとんど反応がないのにはちょっと寂しさが。
BABYMETALはメタルレジスタンスを標榜しているのにファンはメタルに
興味なさ気な層が増えているように思えてこれでいいのかな?と。

さて、これで巨大キツネ祭り@さいたまは終了しましたが今月は大阪で2公演
がありその場で思わせぶりな紙芝居の告知の全貌が明らかになる…よね?
噂では遂にSU-METAL生誕の地でTHE ONE限定イベント…との憶測がながれて
いるけどどうなるのかなぁ。出来れば本当であって欲しいな。
[PR]
# by caz0322753 | 2017-10-02 22:38 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
away仙台戦
水曜日の上海上港戦から変えたのは梅崎司を左サイドにしただけ。
柏木はかなり厳しそうだったのにスタメンにいてびっくり。
しかしテンションあがりまくりのACLから中位安定のJリーグに戻って
くると牧歌的というかギャップがな…

仙台は最近上昇傾向だそうで埼スタのリベンジがしたかったのは試合後
の渡辺監督の悔しそうなインタビューから伝わってきた。
手応えがあるからこそ前から嵌める積極的なプランを選択したのだろう
がそれが逆にブロックを作られるとセットプレーくらいしか打開する術
がない堀式レッズにとって有難かったという皮肉。


先制は柏木のFKからボックスに入れず一旦左サイドのウメに出しボックス
の守備意識が少し左に向いたら柏木に戻し間髪入れず入れたクロスを興梠
さんが頭を振りファーへヘッドで流し込んだ。
後半一度は追いつかれたけど持っていかれそうな主導権を渡さず遠藤が
激しいアタックでボールを奪取すると仙台DFはセルフジャッジで動きを
止めてしまい遠藤が楽々とセンターに入れたクロスを興梠さんがヘッド
で合せ突き放す2点目。遠藤は今日の主審はファウルを取らないと把握し
思い切った奪取をしたそうで主審の傾向を上手く利用したと思う。

突き放したんだから右サイドで彷徨っているラファを代えようよーと
堀さんに念を送るも動いてくれず。
しかもカウンターから武藤のスルーを受けて結果的に試合を決める3点目
をラファが決めてしまうという気まずさw
賛否というか否しか目にしないラファの右サイド起用は相手の足が止まり
出すと効果を見せるわけでジョーカーとして使う方がみんな幸せでは?

堀式レッズは立ち上げたもののいまだ攻撃用ソフトがインストールされて
おらず(インストールされるのかも未定
攻撃にくらべて比較的浸透させやすい守備も意識付けに取りかかったけど
その後は両SB上がりっぱなしの全員相手サイド突撃型が蘇っていたりで
しっかり整理されていないのかなぁ。勿論連戦続きでじっくり自分の形を
落とし込む時間がない中ではよくやっているとは思います。
[PR]
# by caz0322753 | 2017-10-02 15:06 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
ACL準決勝 上海上港戦1stレグ
ACLは麻薬だ。高みへ行けばいくほどもっとカタルシスをと刺激を
求め続ける。もっと強い相手とガチでやり合い即死級の一撃を喰らい
つつ笑いながらやるかやられるかの勝負に挑む。
この感覚が楽しくて仕方ない。罰ゲーム?楽しみをしらねぇバカだろ。


グループリーグで対戦したので相手のことはお互い分かっているはずが
レッズは堀監督になりシステムを大幅に変更。ACLでレッズがいい勝負
をしてきたミシャ式を捨てたレッズがGLでは1勝1敗と互角だった上海
上港とどう戦ったのか?
深夜のディレイ中継を翌日録画視聴したので冷静に見れましたが。

ヴィラスボアスのチームは基本的に守備組織が緩いようでGLで対戦し
たときから改善されたように見えなかったね。
ま、前線の3人が事実上守備を免除されていては仕方ないのかな。
レッズは国内では楔が入れられずボールをサイドに追い出される繰り
返しでトップが孤立してしまい攻撃が機能不全だけど上海の緩い中盤
を上手く使っていたと思う。長澤の前への推進力とキープで青木が前
を向いて展開出来ていた。
フッキの地を這うような強烈なミドルで先制は許したものの青木が最終
ラインの裏へ出したパスを裏抜けした興梠さんが落とし柏木が右足ダイレ
でゴールへ叩き込んで貴重なawayゴールをゲット。
後半はウズベク代表のなんたら(名前忘れたw)に再三ボックス付近で
危険なプレーを許したけど体を張ったプレーで耐え凌ぎシュート数では
圧倒されたけど1-1のドローは上出来というか予想外の結果だな。

ノックアウトステージ1回戦、準々決勝と絶体絶命で2ndレグを迎え総員
総攻撃でやるしかない条件で勝ちぬけてきたレッズが次戦は勝てばいい
好条件?で2ndレグを迎える。と言っても先制されたら途端にとても厳し
くなるわけで10月18日はまた痺れるような決戦になることは間違いない。
[PR]
# by caz0322753 | 2017-09-29 22:18 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
BABYMETAL 巨大キツネ祭りin JAPAN@さいたまスーパーアリーナ Day-1
BABYMETALがさいたまに戻ってきました。
a0005688_2333551.jpg

東名阪合わせてライブハウス9公演だった5大キツネ祭り追加公演扱い
の巨大キツネ祭り in JAPAN
…追加公演の会場の方が遥かに大きいのは置いておいてw

16年9月には東京ドーム2days、そして今年は平日のさいたま2daysと
大阪城ホール2daysが完売、ベビメタは一切プロモーションをしていない
ことを考えると一体みんなどこでBABYMETALを知って集まって来るのか?
大金を使いメディア展開してプロモーションする意義とは?と考えさせ
られたり。

1月のGUNS N'ROSES以来のさいたまスーパーアリーナ。
day-1はアリーナBブロックでした。整理番号は600番とよくなかったけど
まだかなり空いていたので下手側前方の好位置に。
ステージはいたってシンプルで15年の新春キツネ祭りのようなゴシック調
のセットも出島も釣り上げ式の橋もなくバックに巨大なLEDモニターが5枚
並べられたまるでMETALLCA現行ツアーのようなセット(本当にデカかった)
あとは頭上に十字架を模した可動する照明があるだけ。

暗転と同時に例のSEが流れ「BABYMETAL DEATH」の禍々しいイントロ
が響き渡り巨大キツネ祭りが幕を開けた。
「ド・キ・ド・キ☆モーニング」「メギツネ」とキラーチューンが続き
すぅさんの『さいたまあぁぁぁぁ!』の呼びかけに熱狂するさいたま県民
の自分w
慣れないドラムだな?と思ったら神バンドソロ新曲からの「YABA!」は
新展開で新鮮だった。
次は「Amore-蒼星」SU-METALのヴォーカルを心ゆくまで浴びれる曲を
微動だに出来ず聴き惚れていた。なんという神々しさ、なんという凛々しさ。
そこには一点の曇りもない。冷たい剣のような真っ直ぐな歌声が突き刺さる。
「4の歌」からLEDモニターに心電図のような演出が映し出され「シンコペー
ション」が始まる。糸巻きダンスで糸を巻く巻くwシンコペーションを生で
聴くのは東京ドームRED NIGHT以来二度目なのでアガるアガる。
あのイントロにこの振り付けをしてしまう発想を持つMIKIKO先生は天才だ
と思う。
「META!メタ太郎」はシンガロングが感動的だった。三人とも本当にいい
笑顔。
ここから「イジメ、ダメ、ゼッタイ」「KARATE」「ヘドバンギャー!!」
と怒涛の3連発。やっぱりヘドバンは最高だな、ああ最高さ。
「ROAD OF RESISTANCE」そういえば新春キツネ祭りのときはシンガロング
でオーディエンスとタイミングがズレてすぅさんと時差が生まれてちょっと
微妙なことになったよね。(そのまんま動画になっていますが)
最後は「TEH ONEEnglish ver.」最後がこの曲だと感動的ではあるけどアレ
が出来ないのが心残りかな…
a0005688_23352832.jpg


直近のライヴが7月の東京銀だったので特に変化を感じることはなかった
のだけどBABYMETALはいつでも最新が最高というのを裏切らない。
BABYMETALのライヴに行けば掛け値なしで極上の完璧なショウを味わう
ことが出来る。そこにはプロとしての矜持とありったけを届ける想いが
常にある。これを当たり前のように続けるためどれほどの努力をしている
のか想像すると心からの尊敬の念しかない。

※day-2に続くよw
[PR]
# by caz0322753 | 2017-09-27 23:42 | Trackback | Comments(0)
「この世界の片隅に」
「この世界の片隅に」

上映当時勧める人がいたので気になっていながら観ていなかった。
予告編動画を見たけどリアリティが感じられない絵柄で気が進まな
かったというのが正直なところだった。

日本で戦時中の描写というと思い浮かぶのはNHK朝ドラの世界観。
空襲から逃げ惑う市民、やたら声が高く暴力的な近所の愛国者、食糧
不足…毎日暗黒社会だったかのように表現されてきた戦時中の庶民の
姿はモノトーンの印象だったのにこの映画の中では道端の草花、遠く
見える呉軍港の光景などみずみずしく柔らかな色彩で描かれている。
庶民の生活も次第に窮乏していく中でたくましく明るさを失わず暮ら
している様子が今までにない演出で印象的。

そんな暖かみのある日常描写の中に唐突に飛び込んでくる戦争という
超現実。
対空砲火の砲煙をカラフルに彩ってしまう主人公すずさんの視点が目
の前の戦争を現実と受け入れ切れていない表現として印象に残った。

僕が子供の頃はまだ戦争を体験した人たちが身近に生きていた時代
なのでその頃聞いた話を思い出した。
この映画はタイトルどおりこの世界の片隅に数えきれないほどあった
戦時中の生と死がいまよりずっと身近にあった日常を淡々と描くこと
で過剰な反戦メッセージや言葉ばかりの平和の尊さを押し付けずそれ
でいて日常に降りかかった戦争を上手く伝えている。


※追記
この映画、上映時でなくいま観たのは良かったのかもしれない。
21世紀の空襲警報が日本で鳴っているこの時期に。
[PR]
# by caz0322753 | 2017-09-17 20:59 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
往生際の悪さ ACL準々決勝2ndレグ川崎戦
みなさんなんなの?諦めが悪いというか往生際が悪いというか
今のレッズとイケイケな川崎の状態を冷静に分析したら消化試合ですよ?


1stレグは1-3、終了間際の余計な失点されなければ上々のスコアだった
のにレッズが勝ち抜ける条件は2-0が理想的というかこれしかないと思わ
れた。
それなのに前半20分で緊張感の欠片もない気の抜けた失点を許し戦況は
1-4という絶望的なスコアに。
それでもこの夜の埼スタは往生際が悪いので空気は濁らない、1点返して
いこう!とピッチ上の頼りない背中を押す。
矢島のスルーから興梠さんが抜け出し落ち着いて流し込みほら!1点返し
たよ!と盛り上がる埼スタ(アグリゲートスコア2-4)
車屋が興梠さんの顔面を蹴りあげ一発退場、おいおい!いけちゃうんじゃ
ないのぉー?と更にポジティブになる埼スタ。ほんとにおバカさんばかり。
だがしかし、数的有利は浦和の不利。憲剛を下げてくれるアシストを後半
は目一杯遣わせてもらいハーフコートゲームに。それでも守り切ると割り
切った川崎のボックスに張り付く守備を攻めあぐね時間ばかりが過ぎてい
く展開。
そこで堀さんはなんとマウリシオを下げズラタンを投入。なにがなんでも
点を奪いに行くとのメッセージを受信し更にヒートアップするお花畑な
埼スタのみなさんの電波が通じたズラタンのヘッド(アグリゲートスコア
3-4)
こうなるともう謎のポジティブ思考に支配されちゃって追いつける勝てる
と信じて疑わない僕たち。サイドで窮屈そうにしていたラファが振りの小
さいショットでアグリゲートスコアをタイにするゲット。もう訳の分から
ない熱気で支配されその1分後森脇から左サイドに出されたパスを高木俊幸
が左足インフロントのフェイスで合せるとボールはゴール右隅に魅入られ
たように吸い込まれる大逆転のゲット!(トシはミスキックだと告白w)

なんだろ、堀さんの最初の交代策でスイッチが入り、まるで使い物になって
いなかったラファを残したのが結果的に大逆転勝利につながった。
玉砕覚悟、点を獲るしかねーんだよという堀監督のメッセージで総攻撃
指令を受け取ったレッズが多分死ぬまで記憶に残るであろう大逆転でACL
Best4を決めてくれた。
a0005688_050831.jpg

[PR]
# by caz0322753 | 2017-09-14 00:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
残りシーズンの過ごし方について


堀監督になってこれからどう戦っていくのかな?といくつか予想して
いた。
・守備を整備したミシャ式の継承
・5年間ミシャの下でコーチとして学んだミシャ式の堀なりの解釈
 (森保さんのような)
・元々温めていた自分なりのスタイル

就任直後から選手選択で普段のトレーニングから堀さんなりに思う
ところがあったのが窺いしれたけど最初から自分の色を前面に出す
ことはせず慣れ親しんだミシャ式で結果を出すことでチームに落ち
着きをもたらしたと思うんだけど柏戦では思い切りシステムを変更
してきたね。
前半は3点くらい獲れてもいいくらい上出来で急ごしらえにしては
良く出来ていたと思う。後半は前に重心が掛かり過ぎカウンターしか
狙っていない柏にプランどおり失点したシーンはCBではないプレーヤー
の限界を見たような気がした。

ミシャの特殊なスタイルのために集めたメンバーで4バック…チーム
にまともなCBが那須、補強したマウリシオだけSBも本職といえるの
は誰もいないチーム構成での取り組みは来季スタイルの転換をする
予告みたいなもんなのかな?

先ずクラブが堀さんに来季以降指揮を執られるのかが不透明というか
元々ミシャに丸投げして長期間任せちゃおうという魂胆が崩壊した今、
今後どういったチームを作ってまたタイトルを狙うのか全然分からない
しなにもないんじゃねぇのか?という猜疑心しかないw
来季も堀さんに任せる話になっているのならこの時期の思い切った
スタイル転換も余裕を持って見守れるのだけど。
[PR]
# by caz0322753 | 2017-09-10 16:14 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
俺さまの自由
「報道しない自由」についてね。

蹴球日本代表は6大会連続でワールドカップ出場を決めたわけです
が、試合後の監督会見がちょっと異様だったそうでハリルホジッチ
監督が一方的に喋り質問を受け付けず会見を切り上げたと。
ネット上の記事では監督がプライベートで深刻な問題を抱えており
辞任も示唆しているとありいつぞやのオフトの優勝会見を思い出し
なんだかなーと。

ハリルホジッチについてはメディアとの関係があまり良くないのか、
コンディション重視な選手起用に不満があるどこぞの三本線や代理店
が不満げなのか知りませんがw オーストラリアとの大一番を前にし
て引き分けなら更迭もあるような記事が出たり既に後任は誰々という
マスコミ辞令まで。
素人目にも的外れな戦術批判が書かれたりちょっと異常だなとは感じ
ていたのだけど昨日の練習後ハリルホジッチ監督が記者会見を開くと
知りNHKのライブ配信を見ることにした。
メディア経由では辞任が既定路線かのように感じ取れたけど冒頭で
田島JFA会長が今後も監督をサポートするとの言葉で辞任会見では?
との不安は杞憂に終わりましたが次に話を始めたハリルホジッチ監督
は前夜の発言は理不尽な批判をした人たちに対する言葉だったと打ち
明けました。
会見の全文はここにあります(Sports navi)


夜のNHKニュースやスポーツ系サイトでこの会見の内容が伝えられた
けどなぜ前夜ハリルホジッチがあのような会見をしたのかNHKニュース
からもスポーツ紙サイトの記事からも全く知ることが出来なかった。
前夜感情的になり辞任するかのようなコメントをしていた代表監督が
何事もなかったようにWカップに向けた抱負を話しているかのように
伝えるメディアのやり口…
これだと会見内容を知らない人は『なんだか気難しい爺さんなんだな』と
思いこれからもメディアの作り上げた監督像を信じちゃうんだろうなぁ…


最近これと似たようなことが国会でもあったんだよねー
恐ろしいのはこうしたメディアは「報道しない自由」で政権の支持率すら
急落させられると味をしめたことなんだけど。
これだけネットが普及しファクトチェックwがしやすい時代なのにいまだ
にテレビ報道や新聞記事を盲目的に信用しちゃうのは自分の首を絞める
行為じゃないですかね?
[PR]
# by caz0322753 | 2017-09-02 10:23 | つぶやき | Trackback | Comments(0)