10式浦和、起動準備
指宿二次キャンプでは1週間で実質4試合のTMをこなした後とあって
PSMの徳島戦はあくまでもシーズン前準備の一環と言いたげなメンバー。
左サイドに宇賀神そして左SBには久々に実戦復帰した堤が戻って
きてくれたことが嬉しい。更に右SBには岡本君。好調らしいセルも
ようやく動く姿をじっくりと見れた。

試合内容は60分くらいまでは良かったと思う。その後は交代枠6人
すべてを使い切るうちにバランスが崩れチームとして機能しなくなり
最後はお披露目のマシューが目を覆うような転倒で試合を終了
させちゃったけど・・・まぁPSMでよかったねw
交代に戦略的意味がなかったという意見もあるけどあれはどう見ても
勝点を取るための交代じゃないことは明白だったでしょうに。

目を引いたのは宇賀神のスピードに乗ったサイドアタックと積極的に
バイタルに顔を出すアベユキの姿。ボランチの組み合わせはアベユキ
を軸に誰と組み合わせるのが完成形なのかな?監督は直輝が復帰したら
ボランチで試したい考えらしいけど。
[PR]
by caz0322753 | 2010-02-22 23:53 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/10029741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 拡散する世界 蹴球日本代表は傾向最黒 >>