?@山形


オフィシャルの見出し(中身は読む気がしない)によると
終盤の猛攻が実らなかったらしい。
あれは猛攻というか中盤がなくなっただけでガキのケンカの
ような殴り合いだったでしょw
でも前半は悪くなかったのになぁ・・・HTを挟んでいったいなにが
起きたのだろう?と思い返すと達也とセルのスタイルの違いが
浮かび上がってきた。
最近のレッズがいい内容を見せる時間は前線でエジさんが
孤立しないような距離感が保てているとき。

セルはなぁ・・・FC東京戦のときも同じことを思ったのだけど、
サイドに張り付いてボールを捌くことになにか拘りと
言うか執着があるの?フリーランをしないのはなにか
理由があるの?なぜセンターでエジさんのフォローや
チェイスをしないの?
キャンプ中の様子で好調さが伝わっていたのだけど
僕には自己満足なプレーをしているようにしか見えない。
彼は今凄いチャンスを迎えていることを理解しているのかな?

山形の戦術は去年と同じでボールサイドでマイボールにすると
素早く逆サイドに展開しアーリー気味のクロスをDFの裏目掛けて
送り出す一発必中の必死さが伝わるフットボール。
それに比べてレッズはピッチの悪さを差し引いても一つ一つの
プレー精度が低くて雑で恥ずかしいレベルのフットボールだった。
これは監督の采配以前の個々のプレーに問題があるのでは?
[PR]
by caz0322753 | 2010-03-23 21:58 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/10259637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 達也の復活 週末とか >>