微妙な空気に包まれた湘南戦@埼スタ
久しぶりに負ける気がしないなーと思いながらの観戦。
フィンケ監督のコメントの冒頭のように5-0で勝たなければ
ならなかった・・・とまでは言わないけどあれだけ攻め立てたのなら
もう少し爽快な気分で帰りたかったな。
坪井のオーバーラップや前残りに和んでスタの雰囲気も
すっかり緩んだところでくだらなすぎる失点を喰らうとか
ゲームの閉じ方があんまりだ。

反町さんの試合後コメントには笑った。CLでアーセナルを圧倒した
バルサに例えてもらえるようになったとは新潟時代のレッズへの
評価を思えば光栄デスw
湘南というか反町としては 持たれても勝手にミスって
攻撃の起点になってくれる と思っていたのかも。
ただ湘南は引きすぎて中盤のプレスが皆無だったのでレッズは
気持ちよくボールを廻せた。しかしあれだけバイタルやペナに
人数をかけられるといくらボールを廻せてもスペース自体が
なくてこじ開けられずジリジリとした展開を繰り返すばかり
そんな前半待望の先制点はアベユキのルーレットから
ロビーと縦の関係でリターンをワンタッチで右サイドのスペースを
上がる達也へ展開すると達也はスピードにのったままペナに
侵入し左へ鋭く切り返すとマーカーは付いていけず足を
出してひっかけPKゲット。
手数を掛けずシンプルに縦に運んだことで湘南の固い守備ブロック
に準備の時間を与えなかったのがPKに繋がったと思う。

カタチとして最高だったのはロビーからペナ左のエジさんに
一旦預けてバイタルからペナ右方向へ斜めに走りこんで
きたアベユキにロブのパスを送るとアベユキがボレーで
フィニッシュに持ち込んだカタチ。見ているロビーもさすが
なのだけどスペースに走りこむアベユキの攻撃的センスもさすが。
阿部勇樹らしさがいよいよ本格的にレッズで見れるようになってきたなー


J2上がりにとても敵わないと思わせることは出来ずJ1でもやれる
と思わせてしまうのが今のレッズの立ち位置なのかな・・・悔しいけど。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-04 12:11 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/10342358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from one shot at 2010-04-04 15:13
タイトル : 力の差は見えるが(vs 湘南 前半)
2010Jリーグ・ディビジョン1 第5節 浦和レッズvs湘南ベルマーレ 2010年4月3日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム試合結果浦和レッズ2-1(前半1-0)湘南ベルマーレ得点者:45分ポ... more
<< 真っ青 ポンテ先生のサカー教室@埼スタ >>