逆転勝ち@神戸
ナビのためにスカパーの契約を追加。

今日のレッズはミスの多さと動きのなさばかりが目に付いて
カウンターしか出来ない神戸にとってはまたとない相手だったのでは?
まるで去年の連敗中の再現のような場面が繰り返される展開。
不安定な最終ラインにプレスを掛けられバックパスと縦に繋がらない
時間が続き溜息が出る。
そんな悪い流れの中、カウンター一発で沈められただけなら
去年のレッズのままなのだけど今日はちょっと違った。

失点後、前半から噛み合わないプレーが目に付いた啓太を諦め高原を
投入し2topにすると流れが変わったのは監督のいい判断だった。
で、高原の同点のゴールは原口が左サイドから低いクロスを入れ
るとDFがクリアしきれなかったボールをエジさんが拾い左前方に出した
ロブのパスを左足ボレーでゲット。オフサイドっぽい?と思ったら
左奥に1人残っていたね。
そして阿部勇樹の逆転ゴールはアベユキがバイタル中央に走りこんで
くるタイミングに合わせて柏木が右横のスペースへ丁寧にボールを
置くようなパスを出すとボールが少し浮いたタイミングで右足を振りぬき
新潟戦とは逆サイドに低い弾道のミドルを突き刺した。

さらにエジさんのゴールはゲームを閉めるため投入されたホリが
なぜかバイタルに侵入していてwペナセンターにいたエジさんへ
仕上げをどうぞというパスを。ホリはパスを出した後しっかりと
斜め前のスペースに走っていた。ゲームを閉める役割とはいえ
機を見てこういうプレーが出来る点も監督がホリをベンチに置く
理由なのかもね。

内容はあんまりだったけどそれでも出場機会に恵まれていない
高原が起用に応えて結果を残したし、なにより高原が入って流れを
引き寄せたことはチームにとって良かったと思う。

順大はPK阻止を取り消されやり直し判定にも集中を切らさず
もう一度阻止したのはカッコよすぎるぞ。
[PR]
by caz0322753 | 2010-04-14 23:26 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/10417623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 前だけ見据えて 少しずつ見えてきた新しいレッズの姿 >>