ナビ・グループリーグ山形戦
ただいま。
冷たい雨の中0-2で負けた駒場帰りの雑感をつらつらと。

攻めているようでいてそれは単調でセオリーどおりで
変化に乏しくアクセントもなく。
入りは良かっただけにもどかしさばかりが募る。

駒場の雰囲気の緩さはここが浦和の観光スポットのような
試合を眺めている感があり昔のような殺気立つ空気を感じ
ないのはカップ戦のグループリーグだからではないと思う。

試合後にクルヴァから放たれたPRIDE OF URAWAのチャント
に込められた意味を考えていた。背中にあの声を受けたレッズは
なにを感じたのだろう・・・
そして皮肉なことにこのPOUが今日の駒場で一番の熱を感じた。
[PR]
by caz0322753 | 2010-05-27 00:17 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/10693640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 清水戦そのほか 救いはない 希望もない >>