淡々と負けた広島戦@埼スタ
爽快感の欠片もない内容で怒りさえ覚える人が
多くても仕方がない と思った広島戦。

失点後、膝に手をつくメンバーが何人もいてそれが
ショックだった。その後はもうピッチ上から闘う意思は
感じられず極度に足が止まりなす術もなく試合終了。
スピラの交代は疑問だらけだったけど本人から申し出て
いたのか。スピラの出来自体はよかっただけに直後の
失点が悔やまれる。
広島は去年の対戦と同じやり方だった。夏場は割り切って
カウンター狙いなのだと思う。それが長年日本で指揮をして
いるペトロビッチの妥協点なんだろう。
一方のフィンケ・レッズはこれと決めたら出来なくても壁に
挑んで跳ね返されている感じ。
問題なのはお互いのポジショニングが被ってしまい逆にいて
欲しいスペースにいなかったりとポジションを流動的にする
意図はあってもそれがチグハグな点。
高い位置で人数を掛けていながらなぜかボールは相手に渡り
今度は全力で帰陣する繰り返しでは真夏の日本は乗り切れ
ないって。


いまだに歪んだチーム構成で戦わざるを得ない理由は
前任者たちの負の遺産。サヌを左SBで使わざるを得ない、
FWに1top適性のないエジさんを(ry
その中でシステムから戦術まで大転換しながら結果を
残さなければバスを囲んだり移籍したFWの名前を叫ぶ
ウルトラに満足していただけるチームを作らなければ
ならない作業・・・
そんな仕事普通誰も引き受けないって。
[PR]
by caz0322753 | 2010-07-25 21:46 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/11031639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zuobo at 2010-07-25 23:39 x
比較的冷静なブロガーさんたちも、この状況でフィンケさんとの旅ももうおしまいとか言い出していますね。

私は2年目で結果を出すのは無理じゃないか、最低3年はやってもらいたいと思っているのですが、少数派のようです。

高原のこと、若手をどんどん出していること、とくに都築の移籍など、みんなフィンケさんが悪者にされていますが、浦和を「再生」するためには、前任GM時代の尻拭いを一手に引き受けざるを得なかったというところだと思います。(都築は戻してほしいですが!)

就任の時の話から受けた印象では、多分1、2年で結果を出せなんて言われてない、詐欺にあったのはフィンケさんの方じゃないかーなんて。
Commented by caz0322753 at 2010-07-26 00:08
> zuobo さん
コメントありがとうございます。
僕も3年はやってもらわないと成果は現われないと
思っているので少数派なんでしょうねw

フィンケさんは元々即効タイプの指導者ではないですし、
クラブもビジョンがないと非難されたことを踏まえて初めて
中期的なビジョンを示したのにこれではビジョンがないのは
サポの方という気がしてなりません。
Commented by はいはいフィンケフィンケ at 2010-07-27 22:53 x
サヌをSBで使うのは前任者達の負の遺産!?へええ。
<< 新旧2機 明日は埼スタへ >>