アツく語れた?
途中からだけどオフィシャルのストリーミング中継を
聴いてみた感想を。
こういうチーム状況だと厳しいことを言われるのは覚悟
の上の開催だったのだと思う。しかし週末に鹿島との試合
があるのに監督を引っ張り出したことに意味があったのかは
少し疑問。

フィンケ監督の話は一貫していてそれは就任した当時から
同じベクトルだと思う。自分の志向するフットボールに
よほど自信があるんだろね。

中には相当鬱憤が溜まっていたのか興奮した口調で持論を
一方的に押し付ける方やキャリアをドイツ本国でも評価されて
いる指導者に対して面と向かって練習方法に駄目出しをした方
がいたのには呆れた。
特に練習方法なんてど素人が外から見てるだけなのに
よくそんなこと言えるもんだよ・・・

まぁ質問を事前受付にせずサポと対峙したクラブの姿勢は
評価できるのでは?特に柱谷GMからは強い意志を感じたし
聴いてみていろんな意味で楽しめた。



最後に。
ええっと、エントリを見て僕をフィンケ「信者」だと
思った方がいるようだけどそれは違う。
・・・地面にフィンケ監督の写真を置いて踏めと言われたら
人間としてそれは拒否しますがw
ちょっと今日は面倒なので書かないけど簡単に書くと
もう勝ち点を積むだけの作業を見るのは辟易していたという
ことかな。
[PR]
by caz0322753 | 2010-08-24 23:48 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/11179269
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 無題 解放@平塚 >>