旅は終わらせられたようだ
Jリーグクラブのサポをやっていると11月からオフの前半は
心をズタズタにされがちな時期だと思う。
あるクラブは優勝争いに敗れ、あるクラブは残留争いで
悲劇的な結末が待ち受ける。あるクラブはチームが崩壊し
無残な姿を晒す。それでもJリーグクラブサポは現実を
受け止め心の中で整理をつけて来季を目指す。

2年前の最終節は見るも無残に壊れてしまったレッズから
目を逸らさず現実を受け入れた。
次期監督とアナウンスされたフォルカー・フィンケ氏が
何者かは知らなかったけど経歴や指向するフットボール観を
知ることで希望が膨らんだ。
クラブは中期的なビジョンの下、覚悟を持って新しいスタイル
の構築をこのドイツ人と取り組むのだと思い込んでいた。
そして今日、クラブはフォルカー・フィンケ監督との契約を延長
しないことを明らかにした。

フィンケとの旅は終わったようだ。
どんなときもクラブとサポが一丸となって改革に挑むはずの
旅は道半ばで途絶えた。


レッズが誰もが羨むようなスペクタクルなフットボールを
見せてくれるようになるなら2,3年くれてやるよと思っている
けど世の中にはどんなときでも結果がすべてと考える人もいる
ようだ。俺はフットボールを結果でしか見れないような人とは
絶対に相容れないな。



※あー書き忘れた。
つまり今は現実を受け止め来季を目指す気になれないほど
浦和レッドダイヤモンズに失望している。本当に見損なった。
失望した、呆れた。でも浦和レッズを嫌いになれない。
[PR]
by caz0322753 | 2010-11-29 21:03 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/11634602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< BON JOVI@東京ドーム 待望の・・・ >>