カタルシス
a0005688_21294160.jpg

この雰囲気だ。これがホームだ。国立で感じたどこかヌルい空気とは全く違う殺伐とした空気
そして一発目のウォリアーが地響きのように響く。
今日もヘタレプロビンチア相手の難しいゲームになった。
中2日でまた精神的にも肉体的にも辛い優勝争いのリーグ戦を闘わなければならない
訳で、エメもさすがにキレがないし達也もヤマもほんの少しの何かが出せていない感じ
だった。ゴール前を固める相手に容赦なくシュートの雨を降らせるもゴールは割れない・・・
圧倒的に相手陣内で攻めていたのに左サイドを振り切られてまさかの失点。
後半も攻める、攻める。そして焦りが始まる。まだ30分以上もあるのになに焦ってんだよ と
思うもピッチ上では単調なリズムの攻めが続く。もっと緩急つけないととこっちも焦れてくる。
岡野の投入から何かが変わる。サイドを駆け上がり周りを鼓舞する。いい雰囲気。
と、ペナからこぼれたボールを強烈なミドルでゴールへ叩き込んだのは酒井!
これでスタジアムの雰囲気が一気に上がりレッズをグイグイと後押しする。
そしてCKに横山カニが競り勝ちトゥーリオが押し込んでついにゲットォォォォ!
ゴール裏に駆け寄り仁王立ち。どうだ!とでも言いたげに誇らしげに胸を張る。
ゴール後何列か前の兄ちゃんが跳ねすぎて通路を転げ落ちたw 指定でもそれくらいの
大騒ぎになっていた。興奮して涙が出てきた何度も両拳を突き上げていた。
あと1勝。WE are REDS!!!
[PR]
by caz0322753 | 2004-11-06 21:31 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/1278205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dREaD WARRIO.. at 2004-11-07 18:40
タイトル : 2nd stage 第12節 vs清水エスパルス@埼スタ
ナビスコカップ決勝の「実質引き分け」を経て、僅かに中二日でリーグ戦再開。水曜日に120分フルに闘った疲労を心配しながらも、相手は最近すっかり「弱小チーム」に成り下がった清水ということで勝ち点3をもぎ取るために埼スタへ。... more
<< 駒場への思い 埼スタ当日券アリ >>