ついにリーグで連勝達成…!
試合後の川崎側のコメントに懐かしさを感じた。
『ゲームは支配してたのにぃ、内容では勝(ry 』みたいな。
昔はよくG大阪にこんな負け惜しみを言われたよなぁ。

川崎も浦和も共に1年目の監督なのに一方は真逆のスタイルへの
転換を順調にこなし一方は2年間もがいた揚句すべてを投げ捨て
個の力に頼り切り必死に勝ち点を確保せざるを得ないチーム状態。
ここ数年の不振はフロント、監督だけの問題ではないんだろうなぁ。

入りから川崎が圧倒していたけど一瞬の隙をついて柏木が
カウンターの起点になる絶妙なスルーをマルシオの前の
スペースへ送るとクリアし切れなかったDFがキレイにゴール
へ流し込み先制。
永田によると『点を取られる気がしない』くらい最近の
守備には自信があるらしく事実非常に失点は少ないわけで、
執拗にサイドから崩そうとする川崎の攻勢をいつものように
永田、スピラが体を張って弾き返し順大が鋭い判断で防いで
守りきった勝利。
こういう試合は現地にいるとやりきった充実感が堪らないよね、
テレビの前だとひたすら疲れるけどw

なんにしても勝つことでやっていることに自信が持てるし
結果が伴えばそれは確信になる。
自分で書いいて一体なにを書いているのかわからないけど
今年は勝ち点を積むことで刹那的にニヤつくしかない('A`)

ところで、柏木、直輝、元気がスタメンで揃うのは一番
見たかったカタチだったけど残念ながら元気は試合に使って
はいけない状態に見えてなぜ無理をさせるのか理解できなかった。
ペトロが本当に元気を一番のダイヤwだと思うなら外す勇気
を持つべき。
足首の捻挫が治っていない元気を使い続ける一方で直輝を
65分で下げる謎采配。ペトロにとって元気は己の精神的安定
を保つためピッチ上に置いておきたいのだろうか?
[PR]
by caz0322753 | 2011-07-31 10:24 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/13171129
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< のーてんき 捧げる勝利@埼スタ >>