away新潟戦
さてU-22ではトップ下で解き放たれた直輝をペトロがどう
使うか…ってマルシオがサスペンドなのでトップ下での起用
で一安心。

神戸戦は「勝てた試合」とはとても思えずギャンブルの結果
妥当な結果になったと思われ。レッズはノーガードの撃ち合い
を仕掛け、神戸は的確なパンチでコンビネーションからKOを
を狙っていた感じ。


で、お盆休みのaway新潟戦
前半は入りからコンパクトな陣形のおかげでプレスが掛かる、
攻守のフォローもしやすいといいこと尽くしで見ていて楽しい
時間だった。
ペトロはインタビューで前半の出来を絶賛してたけどさ、あれ
今まで口を酸っぱくして指示してることの真逆なんだよねw
元気の先制までの流れは左サイドのヒラから大きなサイドチェンジ
を経て元気と直輝が縦の関係で崩してのもの。これは去年もどかし
かった守備ブロックの崩しとしては理想的なカタチ。
3点目は峻希の縦パスから達也がラインの裏に抜けてグラウンダー
の折り返しをセンターの直輝がダイレクトで浮かして流し込んだ
理想的な崩し。
しかし意味不明なのはリードしながらマゾ、セルと前線に守備を
放棄した2枚を投入したこと。これで前目でまともに守備をする
のは直輝だけになり左サイドの面倒を見る柏木は大変なことに。
ペトロの守備の指示は漢と漢の真っ向勝負なので中盤がルーズに
なると途端にフリーな状況を作られる。啓太、柏木が後追いして
いる姿が目につくようではとても守備が安定してるとは思えない。

まぁ、新潟の出来もかなり体が重そうでイージーミスを連発、
3連続完封勝ちが信じられないほどだったけど今のレッズは
そんな相手には確実に勝ち切ることが大事なので前節の悪い
流れを引きずらずよかったということで。

さて、マルシオが戻ってくる次節のフォーメーションが気になる
わけですが、関塚さんの起用で直輝の適正に気がついたペトロが
マルシオの適正にも気づくかどうか…
[PR]
by caz0322753 | 2011-08-15 19:36 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/13290148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「荒れてます(笑)」 中国の空母が動いたよ >>