ここから這い上がる
新しいサイクルは動き出した。

啓太は直輝にいいことを言ったね、それはたぶん02年の同じ
舞台で啓太が目に焼き付けた光景と同じなんだろう。


堀監督になって2試合目がカップファイナルという異常な状況。
試合は空回りするレッズを嘲笑うかのように鹿島のペースで
進み後半早々に数的不利を強いられたレッズは鹿島のハーフコート
ゲームになりながら耐えに耐えた。
元気はほとんど何も出来なかったしセルはトップでボールを
収めることが出来なかった、だけどタイトルを懸けて闘う一戦
の重みを経験出来たことは残り4試合で活きてくると思う。

息をつく間もなく今週の木曜日はリーグ磐田戦@埼スタ。
残り4試合は生き残りをかけた痺れるような決戦が続く。
ちょっとレッズから離れたしまった人たちはこの日の
レッズを見てなにか感じてくれただろうか?伝わるもの
はあっただろうか?
[PR]
by caz0322753 | 2011-10-30 20:18 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/13909670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ねんがんの… 見上げてみる >>