ホーム開幕戦
最終戦以来の埼スタ。工事中の陸橋は全然進捗していないし、
相変わらずなにをほじくり返してるか不明な土木工事を横目に
眺めながら小雨の中をテクテク歩く。もううんざりだと辟易
しながら帰ったこの遊歩道を今年もまた歩いている…帰巣本能?w

去年2試合対戦してやっていることの質の違いに愕然とし
手も足も出なかった柏を迎えてのホーム開幕戦は前節の内容を
見た限り厳しいゲームになるだろうなぁとかなりネガっていた。
『また柏とかよ、なんだよこのクソ日程』と。
そんな憂鬱な気分で迎えたチャンピオンクラブ戦、ミシャ監督は
阿部勇樹をCMFに、柏木をトップ下に起用してきた。で、その後
90分+5分間僕はアベユキが浦和に帰還したんだとまざまざと
その効果を見せつけられた。去年いいようにバイタルを蹂躙
された柏の#10に仕事をさせず右サイドを分断、啓太との連携
もよく中盤、最終ラインを支え続けた。

そして見ていてニヤニヤしてしまったのはパスの出し受けが
動きの中で行われチームに流動性が戻ってきたこと。
苦し紛れの横パス、焦れて放り込むロングフィードではなく
意図のある組み立て直すためのパスがピッチ上を行き交う。
トップ下の柏木はラインの裏を狙い啓太は鋭い縦パスを
そこに供給しようと試みる。
ランコさんは前線から労を惜しまないチェイシングを続け
その結果があの得点に結びついたのだと思う。
ワグネルから掻っ攫ってずどーんと決めたときは『らんこだああああ』
と敬称を略してしまいましたよ。

秀逸だったのはフルタイム上下動を繰り返していたヒラだ。
終盤ちょっと無理目な前のスペースへのパスを相手DFを追い
抜いてマイボールにしてしかも綺麗に折り返してたwなにその
ダイナモっぷり。

後半はプッシュしてきた柏の攻勢を受ける展開になって
しまったけどそこを喰いつかせていなすようなパスワーク
で反転攻勢に繋げるように今はまだ少しずつ成長を見守る
時期なんだろうな。
終盤どうにもロストが気になっていた梅崎はどこで代えるんだろ?
と思っていたらピッチサイドに現れたのは水輝…しかもそのまま
左サイドへ入れたのはロングボール対策だったそうで、ホーム開幕
で勝つことの重要性を十分考慮した策だったね。
[PR]
by caz0322753 | 2012-03-18 22:30 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/14883135
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< リーグカップ初戦@埼スタ away広島戦 >>