リーグカップのaway磐田戦
なるほどね…監督が指向するフットボールがどんなものか
人伝ではなく実際に解ってきた気がする。

先週土曜日に9人で勝ち点1を死守した浦和レッズ、
昨日はマルシオ、達也、元気の故障明け組とサブを
中心にしたメンバー構成。
25分過ぎからの観戦だったけど小島秀仁の記念すべき
公式戦初ゴールには間に合った。
ペナ中央で達也がヘッドで落としたボールに走り込み
浮き球をズドンとゴール左隅に突き刺したゴラッソ。

結局終盤に運動量が落ち始めミスから突き放され3-4で
負けてしまったものの悔しさと同時に充足感もあるゲーム
だった。試合後一番興味があったのは野田の致命的なミス
についてミシャ監督がどう評価するかだったのだけど、
前に運ぼうとした結果のミスは問題ない というものだった。
これは日頃からボールは前に運ぶものという指導方針に沿った
もので、野田だけでなくチーム全体に送ったメッセージなのかもね。
[PR]
by caz0322753 | 2012-04-05 08:58 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/14985506
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 春の鹿狩り ミサイル防衛とか >>