神戸戦・完勝あるいは快勝
完勝だった。スコアはCKとFKの2得点だったけど。
花散らしの冷たい雨、滑りやすいピッチでも相手のプレスを
パスを繋いでいなし小気味よく少ないタッチでボールが
前に運ばれていく様子が楽しくて仕方なかった。

ブロックを崩せず焦りからミスを連発し自滅した川崎戦から
2試合を経て埼スタに戻ってきたレッズにまた少しミシャの
フットボールが浸透していく様子が見れたと思う。
昨日は前節の鹿島戦同様縦に鋭いカウンターから決定機を
作り出したのに加えてヒラとマルシオ、柏木のトライアングル
で相馬がいるサイドを蹂躙してチャンスメイクを繰り返していた。
左サイドでは梅崎司がフィニッシュ担当としてなかなか豪快な
外しっぷりを見せてくれたことを笑って話せるのはマルシオが
鮮やかすぎるFKを決めてくれたから。なんなんすか、あの弾道は。
a0005688_18571142.jpg

阿部勇樹の復帰ゴールは柏木からのCKをセンターで槙野が合わせると
見せかけてスルーして通していたんだね。


いい指導者はプレーヤーを蘇らせる。
ヒラ、マルシオ、坪井、啓太。去年はみんな「死んで」いた。
柏木はもがき苦しみ元気はチームの全てを背負っていた。
数字がどうこうでなく解放され迷いのない姿を見るだけでいまは
十分満足している自分がいる。


※浦和に巣食う妖怪に新しい仲間が増えたよ、
妖怪・素人目線と妖怪・外様嫌いだ!
[PR]
by caz0322753 | 2012-04-15 19:46 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/15052489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< リーグカップのホームC大阪戦 いつか見たミシャのフットボール >>