啓太祭り@長居のはずでした
FWのフィニッシュの部分はどんなにいい指導者でも
教えられないそうだ。昔、そんなことを本で読んだ。


流れからもセットプレーからもいい形が出来ていた。
啓太の得点シーンもワンタッチでセンターをキレイに
崩した理想的なカタチ。後半に2度あった右サイドから
の崩しも形としてはチームとして狙っていることが出来
つつあるのが確認できた。

…と冷静に振り返るには一晩掛かったわけで。
失点直後はそこまでの後半のあまりにも酷い出来なら
当然の帰結とは分かっていても感情的になってしまった。
確かにランコさんのあれはない。あれはねぇよ、でも持ち駒
は限られているの。それがチーム力というヤツ。今のレッズ
ではこれ以上上に行けるチーム力が備わっていないことを
思い知らされた。
それ以上に後半の試合運びが酷かった。C大阪はモチベーション
の塊のように前掛かりで襲いかかってきた。これはカウンターを
狙うレッズにとっては美味しすぎる状況のはずなのにカウンター
のスイッチの部分でミスばかり。それならマイボールを大切に
繋いで流れを変える工夫があったのかというとただ闇雲に前に
運ぼうとしてミスからロスト。
稚拙な試合運びを見るとまだまだ作りかけのチームなんだろうね。
[PR]
by caz0322753 | 2012-07-01 10:07 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/15674777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 浦和でしっかり輝く@埼スタ F30の320i >>