親善試合 ブラジル戦
今野か吉田麻也の試合後コメントに中盤で廻した後に
もっと裏へ飛び出せれば…的な言葉があった。
…寿人はなんのために呼んだの?

前半15分まではブラジルが中盤をルーズにしていたお蔭か
パスを廻せていた。でも日本が自由を与えられたのはそこ
まででバイタルではタイトに守られプレー精度の低さを
狙われ逆に高精度のカウンターを受けるシーンが多かったな。
もう少し1-0で粘れたら更に興味深かったと思うけど早々に
PKで追加点を与えてからはブラジルの余裕のポゼッションと
カウンター狙いでほとんど何も出来なかった。
それにしても最近のブラジルは(ブラジルでさえ)走ること
がベースなんだねぇ。バルセロナやブラジル代表レベルが
あれだけ走ることを要求されるフットボールをしているんだ
もの日本もレッズもまだまだまだまだやっていかないとね。

それでもブラジル相手に委縮せず真っ向からぶち当たった
結果の敗戦なので自分たちのスタイルを捨てながら余裕で
崩され惨敗したのとは違い試合後も悔しさというより
目標は遥か先なんだなーとさっぱりとしたものでした。


今回の欧州での親善試合2試合は日本代表の主力が
欧州へシフトしたメリットを十二分に活かした意義
のあるマッチメイクだったと思う。
なかなか難しいと思うけどこれからは欧州から対戦
相手としてお呼びが掛かるようになるといいな。
[PR]
by caz0322753 | 2012-10-17 20:57 | フットボール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/16610015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 技量系のようなフットボール 親善試合 フランス戦@パリの近郊 >>