away湘南戦そして
オフィシャルにミシャと契約更新の発表が。

さきほどやっと湘南戦の録画の80分すぎた辺りから見直した。
鬼気迫る攻防だった。これでレッズの気持ちが再点火出来れば
いいのだけど。

「負けたときどうふるまうか」
いや、負けてはいないんだけどねwミシャのこのコメントはグサッと
きたなぁ。

後半立ち上がりから攻められっぱなし、ボールが前に運べない、細かな
ミスでロストの繰り返しを見てイライラしっぱなしだった。
ここ数試合の低調さの原因は蓄積疲労とメンタル面?
ミシャのフットボールはピッチ上の11人が一つの有機体のように連動
することで持ち味を発揮する。だがしかし今のレッズは50分ほどしか
その有機体としてチームを維持することが出来ない状態になっている。

2試合とも先制しながら後半ガクッと運動力が落ちたのと慎重な試合運び
をしようとしすぎているのかな?今季は開幕の広島戦から攻守に積極的
なフットボールをしてきたはずがどうしたんだろうね?
それを思い出したのが逆転されてからの8分間だった、点を獲るしかない
状況になってようやく一歩前に踏み込む勇気が戻ってきたのかな、全員
の意識がゴールに向かい推し込み最後は関口のワンタッチから興梠がヘッド
で折り返し柏木が押し込んで同点のゲット。

チョウさんの湘南は残留争い中にもかかわらず守備偏重にはせず真っ向から
向かってきてあと一歩でやられるところまで追い込んできた。魂のこもった
フットボールだった。
[PR]
by caz0322753 | 2013-09-30 21:08 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/18705615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 大宮戦@埼スタ 世間さまの娯楽としてのフットボール >>