大宮戦@埼スタ
いい気分です。ああ最高だ。
a0005688_11475066.jpg


内容など問わないのです、俺たちのホーム埼スタでこれ以上大宮に
好き勝手やられ気分よく帰すわけにはいかなかったのです。

タイトな試合になるかと予想していたのに終わってみれば4-0で圧勝。
積年の鬱憤を晴らせとばかり最後まで何点でも獲れるだけ獲って徹底
的に叩きのめせとばかりに盛り上がる埼スタ。
元気のゴールが決まったときは元気の感情の爆発がスタジアムに誘爆し
たかのようで鳥肌が立つようなカタルシスに。

試合のポイントはCBのニールは裏を取られると脆いとスカウティング
し最終ラインの裏を狙い、狙い通りに抜け出した興梠が決定機を作った
ことで得た数的優位な展開だった。試合前はawayのようなオールコート
マンマークを仕掛けてくるのかな?と予想していたのに大宮は立ち上がり
からどこでもやってくるような対策すらしていなかった…というか10分
で10人になってしまうとどんな試合前プランも実行できないな。
前半は決定機をことごとく外しこれは去年の埼スタのような展開になって
しまうかもと恐れたけど大宮は後半バンザイアタック気味で前掛かりに
なりレッズは狙い通りのカウンターから好き放題やらせてもらえたのは
ベルデニックと新監督の力量の差なのでしょうか?


湘南戦の最後の10分間から得たモノはあったみたい。
このミシャのチームは攻める姿勢を示し続けることで相手にとって脅威に
なるのだと思う。ここ数試合大事に行こうとする気持ちが強すぎで意識が
後ろ向きすぎたんだよ。
[PR]
by caz0322753 | 2013-10-06 12:13 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/18737905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ただしい歴史認識とは away湘南戦そして >>