ナビスコカップファイナル
「自分たちのサッカーをやるだけ」

よく聞くこの台詞。ミシャは文字通り自分たちのサッカーをやり切る
ことで活路を拓こうとする人。
ネルシーニョは2-6で叩きのめされたことでその後広島を相手にミラー
ゲームを仕掛け手応えを感じたようで先週の埼スタで入念な実戦練習を
行ってファイナルに備えたようだ。

UCLのファイナルでインテルやチェルシーがバルセロナを撃破したように
一発勝負のファイナルは固い戦術で相手の長所を潰しつつ一発を狙うやり
方が有効なことは多い。ネルシーニョは周到に準備しつつそれを実践出来る
クオリティの工藤というストライカーを持っていたわけで今回のファイナル
は見事にやられたと認めざるを得ない。
一方でレッズは左サイドから徹底的に攻めたものの単調な攻めが多かったかな、
センターを固めた相手に対し何度かあった決定機はどれもそのセンターの裏を
衝いた形だったのが今後こういうやり方をしてくる相手への攻略のヒントになれ
ばいいな。
[PR]
by caz0322753 | 2013-11-04 11:34 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/18907325
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 進撃せよ! 「勇気を持って差し戻します」 ... >>