新年になりましたが
明けましておめでとうございます。

2013年は結局6位で終えたこと、考えただけでうんざりするポスト
シーズン制導入が本決まりしたことなど20年目のJリーグは悔しさ
虚無感ばかりだったような結末になり年末にシーズンを振り返る
エントリもする気になれない程度に『しばらくJリーグのことは
考えたくない』と思っていました。


ええっと、ウラワレッズ…のことを(アタマを再起動させている)
契約満了の永田拓也が横浜FCへ完全移籍、野田紘史がVファーレン長崎
へ完全移籍、野崎雅也 がアビスパ福岡、大谷幸輝がギラヴァンツ北九州
へ期限付き移籍。そして岡本さんは今季も長崎、またも昇格を逃した千葉
で不向きなSBをやらされている峻希は他クラブへの移籍の噂が?
そろそろうちからもローン先で大きく成長したプレーヤーが出てきて
欲しいね。
水輝は新潟から復帰、これなぁ、結果的に若いCBとして大切な実戦経験
を積むことが出来なかったのがなぁ。今季のミシャは各方面から一切の
猶予を与えられないようなので若手が実戦で経験を積む機会は新潟以上
にないような気がするけど…
そして年内に今後を決めたいと語っていたヤマはどうするのだろう?
しれっと始動日に現れたり?w

新加入は大宮アルディージャから青木拓矢、サンフレッチェ広島から
西川周作の加入が現時点で決定していると。
青木は攻撃的なCMFという話。啓太、阿部勇樹の後継者を育てるために
もいい補強なのでは。
西川君の獲得は足下のスキルが高くビルドアップでも効果的だった順大が
不安定なプレーでミシャの信頼を失い掴んでいたポジションをチームスタイル
とマッチしていないギシに明け渡してしまったからなぁ…

クラブの強化方針に不信感を拭えない人が多いのはまぁ過去を思い返せば
理解出来るのだけど少なくともフロントはミシャの意向に沿った補強をして
いるようなので意思疎通が上手くいっているだけマシでは?
所謂「生抜き」が順調に育ち主力になり強豪クラブとしてのサイクルになる
のは理想だけど、理想を追うと土台作りは言い訳だと批判されるので意識の高い
サポさまを満足させつつ強さを持続できるクラブ作りは本当に難しい仕事ですね。
[PR]
by caz0322753 | 2014-01-06 10:09 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/19304632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< away G大阪戦 スマホを機種変更してみた >>