対横浜@日産スタジアム
鞠はいつまで「F」を付けておくんだろ。

スタメンを見たときは4バック?とも思えたけど、始まってみれば
内舘をボランチにいれた3バック。最近の内舘の素早いカットからの攻め上がりは
目を見張るモノがある。でもスペースを上がりながら え、いいの?的な空気が
見える気がするw
この攻め上がりを見ていて、去年はチャンスがあればペナ付近に5人くらいが上がってきて
分厚い攻撃が出来ていたよなぁなんて思いだした。
今年は攻撃時にFWを追い越すような展開って出来ていないんじゃないのか?
FWが単調なドリブル突破ばかりというのは周りのサポートの無さも一因じゃないかな。
で、試合展開は前半の入りは少しパス廻しを意識していた感じでどうやらここまでの
欠点の修正に取り組みだしたようだった。でもそれがまだ続かないのは仕方ないのか。
今回もゴールの神様と都築神のフィスティングで決定機を凌ぎ流れを奪われながらも
前半を持ちこたえた。
後半、横浜がバテてきてスペースが緩くなった時間帯に右サイドから長谷部が中央にいた
啓太へ、低い弾道のミドル炸裂。GKが弾き浮いたボールをフリーで詰めていた永井がヘッド
で落ち着いてゴールマウスに押し込み待望のゲット。よっしゃぁぁぁと雄叫びを上げるw
その後の横浜の4topへの放り込み攻勢をアルピーをはじめことごとく弾き返して
凌ぎ最後は中盤で奪われ繋がれてアンが放ったシュートを都築神がセーブして終了。

長谷部のトップ下はまだ軽い感じもあるが視野の広さはさすが。あとは自分でシュート
までいく意識を強く持てば・・・ 前線でのプレスもかけないといけないし現代のトップ下は
仕事が多いな。

エメはコンディションが悪いにもかかわらず再三中澤にドリブルを仕掛けていた。
あれは意地のぶつかり合い、CSで封じ込まれたのが余程悔しかったのかもしれないけど
ほんと、もっと周りを使えば裏に抜けることもできると思うんだけどね。

久しぶりのアルパイはさすがの存在感。前半でアンにタックル喰らわしたのは中継では
ファールを流したと言っていたがスローで見ると当たってないぞ、あのキムチ野郎。
[PR]
by caz0322753 | 2005-05-16 20:57 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/1939043
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dREaD WARRIO.. at 2005-05-17 07:51
タイトル : vs横浜Fuckマリノス@日惨スタジアム
日本一の糞スタと誉れ高い日惨スタジアムでリーグ戦中断前の大事なゲーム。何も昨年のCSやリセット君といったものを引き合いに出すまでもなく、俺の中ではここを勝って終わるか否かで今期浦和の行く末が決まるといっても過言ではないほどの重要な位置づけをしていた。前節・前々節と負けてはいないもののグダグダ感のあるレッズに今後のリーグ戦で上を狙うために必要とされる明確なリスタートポイントを築き、中断中変にネガティブな雰囲気を作ることなくリーグ戦の再開に向けてしっかりとした準備をするためになんとしても勝ち点3を死守する...... more
<< サカダイ 雨のち晴れ >>