away 名古屋戦
更新が日程に追いついていませんが仙台戦も埼スタにいました。


前節似たようなシステムの広島に大敗したにしのんがどんな対策を
打ってきたか興味深かったaway名古屋戦。

開始10分で名古屋のストロングポインであるセットプレーから永井に
押し込まれ失点。なにこの絵にかいたようなやられ方は…
先制した名古屋はあまり激しいプレッシングはせず深く構えて永井を
走らせるロングカウンター狙いでレッズは好きなようにパスを散らせて
なんだかリードされているとは思えないくらいで自由にやらせてもらえ
て柏木がトップやサイドへのびのびとパスを供給していた。
名古屋は右SBが槙野やウガに全く対応出来ず見かねたケネディが尻拭い
をするという珍しい光景が。(ケネディの方がいい対応してたし)
前半はその左サイドから何度か決定機を作ったもののゴールは割れず。

あれだけ攻め倒したのにリードされたままなのはストレスが溜まるもの
だけどレッズは焦れてバンザイアタックになることなく後半も粛々と
サイドに振ってセンターのブロックを緩める作業を再開。
あべゆの楔をただなりが左のウガに流しさらに左スペースに流れた
元気がパスを受けると名古屋の人垣をドリブルでスルスルと抜けて同点
のゲット。ペナで元気にフリーで前を向かれたら相手は止めようがない
だろうねぇ…
これで逆転は時間の問題だなと思ったらミシャは柏木から啓太に変えて
守備面を弄ってきた。これが縦のボールの動きを止めてしまったような。
このままだと勝ち点2を失う試合になるぞ(イラッ と焦れていたらATの恐
らく最後のワンプレーであろうウメのCKからのこぼれ球を那須が抑えの
利いたシュート、興梠がゴール前で軽く触ってコースを変えるとさすがの
楢崎も反応できず劇的な逆転勝利。

今季初めて名古屋を見たけど、うちがフィンケにしたときのように明らかな
スタイルの変化は見れなかったな。
[PR]
by caz0322753 | 2014-04-13 18:41 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/19675365
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ナビスコカップ グループリーグ徳島戦 ナビスコカップ グループリーグ大宮戦 >>