ナビスコカップ グループリーグ徳島戦
ナビスコカップ 徳島戦
『格の違いを見せつけたるわっ!』(なぜ関西弁?)
で、試合後格の違いをチームメイトに見せつけたのは柏木や槙野だったと。


苦戦しないだろうと思われるときほど苦戦する臭いがプンプンするのが
我が浦和レッズ。昨夜は浦和美園に到着したときから臭っていたよ…

スタメンはトップに阪野を置きシャドウに直輝、柏木、両ワイドにヒラ、
関口CMFは啓太と青木、DFに永田さん、坪井、水輝と普段組むことはない
であろう構成。
一方の徳島もリーグ前節と全員を替えたメンバーだそうである意味練習
試合のようなメンバー同士の対戦となった。
試合内容は先制され逆転し再逆転されATにまた逆転とその場ではとても
盛り上がったもののターンオーバーの難しさやこのフットボールにおける
コンビネーションの重要さをまざまざと思い知らされることに。
フットボールはチームスポーツなので個が持つ1の力を相乗効果で2にする
ことも出来る一方その逆もあるわけで。
まぁリーグでこのメンバー構成はあり得ないので必要以上にネガったり
叩くことはないと思うけどね。

この試合で一番楽しみにしていた柏木と直輝の2シャドウは…残念ながら
直輝は見せ場なく前半で矢島と交代されてしまった。そして後半から入った
矢島が2シャドウに求められているタスクをしっかり理解しこなしたこと
でミシャの信頼をまた深めたような気がする。去年復帰後の直輝は決して
戦術理解度が足りなかったわけではなくそれどころかチームを活性化させ
たので今後の巻き返しに期待したいな。
一方矢島は1年目のプレーを見て裏への飛び出しなどにセンスがあるなーと
感心していたけど3年目のこの試合はブレイクスルーする切っ掛けになるかも。

1topの阪野は徳島の守備がしっかりトリデンテに張り付くやり方に苦戦し
楔が収まらず、最近のレッズはただなりの加入で元気、興梠が縦に抜ける
動きで浦和対策を打開しつつあるので余計に力不足が目についてしまった。

そしてこの試合で今後を思うと気が重くなったのは順大と坪井のこと。
「あぁ西川くんが来て本当によかった」と改めて思ってしまった。
順大もFP並みに足元のスキルは高いはずなんだけど最適解を選択する
判断力が足りないのかな。
坪井は以前なら喰い付いて自由にさせなかったであろうシーンであっさり
抜かれてしまう姿に衰えを感じてしまった。長崎に貸し出し中の岡本さん
が順調に育ってくれたらいいなと思ったり。
[PR]
by caz0322753 | 2014-04-17 09:48 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/19688398
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 川崎戦@埼スタ away 名古屋戦 >>