ナビスコカップ グループリーグ新潟戦
対新潟は監督が柳下さんになってからはタイトな試合ばかり。
久しぶりにドン引きせず自分たちのやり方でぶつかってくる
相手との試合になった。いつ以来だろ?

スタメンに元気はおらず…やっぱりそういうことなんでしょうか?
ただなり1topはコンビネーション不足で重なったり意図が伝わら
なかったり。
前半はウメが穴だった相手の右SBをつついて決定機があったのを
外したのが痛かった。それ以外ほとんど決定機はなく中2日なのに
動きがいい新潟の攻勢を受けては跳ね返す展開。前線で達也が精力的
に動き続けスペースを作ってくれるのに周りがアレすぎて徒労に終始
していたのが印象的だった。達也自身に全盛期のようなペナでやり切
るパワーが残っていないのがちょっと哀しかったり…

後半興梠をトップにして矢島をシャドウに。更に関口を右ワイドに
したものの特に前線は活性化せずawayでドローで仕方ないかなと思い
始めた頃、関口のクロスから新潟のDFがニアに入って合わせる見事な
ヘッドで先制点をプレゼントしてくれた。
なんだかなぁとすっきりしないけど勝ちは勝ち。これで次勝てばGL
突破を確定できるのは大きい。

順大は落ち着いたプレーで無失点試合を更新。ここで『やっぱり西川君
じゃないとなぁ』と思われず落ち着いてプレー出来たのはなにより。
[PR]
by caz0322753 | 2014-05-25 10:42 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/19831010
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 箱入り息子w ヘルタ・ベルリンへ メタル女子? >>