融合
BABYMETAL/BABYMETAL
a0005688_23414773.jpg

BABYMETAL初のフルレンスアルバム。

あなたが『所詮アイドルを使った遊び半分の企画でしょ?』とプレーヤー
の再生をクリックし#01が始まると荘厳なバックコーラスから禍々しく
ヘヴィなリフが襲ってくる。なんだこれ?と思う間もなく自己紹介?の
ような非常に短いフレーズが聞こえてくるがそれを押しつぶすようなデス
ヴォイスと強烈なギターソロが声を掻き消していく。
再び静寂へと導くようなゴシックなバックコーラスに続いて和風なイントロ
で始まる#02メギツネはYUIMETAL、MOAMETALがお祭りのような日本的
な掛け声でアゲつつSU-METALが情緒的なサビを聴かせるバックでドラム
が強烈なツーバスを放ち続ける。
#03ギミチョコ!! インダストリアルな雰囲気の硬質なギターサウンド
とサビのポップさが面白くてこれは日本語が分らなくても癖になるだろ
うな。『なんだこれ??』と良くも悪くも聴き手を混乱させるBABYMETAL
の要素が詰まった曲。
#04 いいね! 僕がイメージする安っぽいアイドルソングからラップ、
ヘヴィなギターの轟音とデス声からのアイドルに戻る不思議な曲。
歌詞にある通り超カオスすぎて説明できないw
前半のアイドル全開な展開が『キツネだお!』から一転ヘヴィな展開に
なる構成に力技を感じる。
#05紅月-アカツキ メロウなスピードメタルチューン。制作側はXJAPAN
へのオマージュであることを隠さないそうだが僕はXJAPANを全く知らない
ので様式美というかツインリードのユニゾンにIRONMAIDEN的な正統派の
曲だなーこんな曲も作れるのかと制作サイドに感心した1曲。正直舐めてい
ました。
この曲はSU-METALの声の特長を理解するには一番いい曲だと思う。真っ直
ぐで虚飾がなく変に技巧に走らず持って生まれたスペックの高さで歌い上げ
る表現力にひれ伏す。これが16歳なのかと。おかしいんじゃないかと。
そんなSU-METALの凛々しい歌声に浸っているとド・キ・ド・キ☆モーニング
という書くだけで赤面しそうなおっさんには厳しすぎるタイトルの#06が
聴こえてくるから油断してはいけない。これがyoutubeで世界各国のメタラー
に目を付けられBABYMETALが世界と繋がった曲。アイドルポップかと思わせて
おいてからのハードコアな曲展開が秀逸。
#08 4の歌 『よんのうた??』古典的なスラッシュメタルなリフに乗って
YUIMETALとMOAMETAL作の言葉遊びが始まる不思議な曲。
#09ウ・キ・ウ・キ☆ミッドナイトはダブステップを取り入れトレンドを押
さえつつ次の#10 Catch me if you can は疾走感溢れライブ映えする曲だ
けどただ疾走するだけでなく静と動のメリハリがありバックコーラスのデス声
がかくれんぼの鬼役だったりでよく作り込んでいるなぁと思う。
#11悪夢の輪舞曲 陽気なパーティーロックが続いたところでジェントを取り
入れたこのアルバムでは異彩を放っている悪夢の輪舞曲が始まる。怒涛のよう
なドラムとピアノの旋律が入り混じりSU-METALの歌声は走りそうで走らない。
複雑なメロディは聴く側に爽快感は得られないだろうが個人的にはかなり気に
入った曲。SU-METALはこの難解な曲を歌うだけでなく自分のモノにしている。
何度でも書くけどこのコは本当に凄い、恐るべき16歳だと思う。
#12ヘドバンギャー!! 曲名を読んだだけでメタル舐めてんのか?と思い
たくなるすごいセンスのタイトル。SU-METALの歌とYUIMETALとMOAMETAL
のスクリーム&ダンスを十二分に堪能できるライヴでは欠かせないキラーチューン。
そしてラストの#13イジメ、ダメ、ゼッタイ。最後に正統派メタルチューンであり
BABYMETALの代表曲I,D,Zを持ってきてこれがアイドルとメタルの融合だと示し
全13曲が怒涛のように過ぎそして終わる。
[PR]
by caz0322753 | 2014-06-30 23:44 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/19953082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 山田暢久引退試合@埼スタ 掌返し >>