away徳島戦
今まで”ボルテス”だと思っていましたごめんなさい。


梅雨明けし高温多湿な日本の気候では十分な試合間隔があっても高い
クオリティのゲームをやるのは難しい。
そんな中3日で迎えた徳島戦はやらかすことにかけてはどこにも負け
ないレッズがらしからぬ安定した試合運びをしたね。
早い時間帯で柏木のFKを槙野がファーで合わせて先制したことで余裕
を持ったボールの動かし方が出来た。左サイドで押し込んでいたから
ウメ、ウガ、槙野がやりたい放題だったので一つは流れからのゴール
が欲しかった。
試合を通じて前からの守備が徹底していた結果後半にウメが高い位置
で奪い持ちあがって興梠へスルーから綺麗なゲットで追加点。
これで試合は決まったようなものであとは無失点で終わらせること
に興味が移った感じ。徳島で怖かったのは左サイドのアレックスの
突破からのクロス。何度かフリーで入れさせたのはここ最近サイドが
少しルーズな点が修正されていないからかなぁ。

徳島は開幕からしばらくのようなJ1のすべてにアジャスト出来ない
チームではなくなっていた。
ただ1topが基本が裏抜け系の高崎なのでフィジカルの強さで収められ
てもそこからの展開するスキルはないのが厳しそう。甲府でモリツァが
成長したようにヒロくんも晩成型で変われるのかな?


これで7試合連続無失点のJ1記録を達成。
去年の最終戦後の武蔵野線車内で声高にミシャを叩いて車内の空気を
腐敗臭で満たしていたグループはさぞご満足されているでしょうな。
[PR]
by caz0322753 | 2014-07-24 10:21 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/20028828
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 至近距離 新潟戦@埼スタ >>