鹿島戦@埼スタ
ただ観に行っただけなのに帰宅すると酷く疲れて気分が悪くなって
しまった。

3連戦の最後はホームで鹿狩り…とすべて上手くはいかないもので。
なんと関根君がスタメン、CMFに青木ではなく啓太を置く布陣。
腰痛の影響が心配だった柏木もスタメンに。
試合は真夏の連戦であることを考えると仕方ないと思える内容だった。
柏木の右CKから最後は興梠が押し込み先制、その後もリードを保ち
つつ流れを渡さない展開だったのだけど楔のパスをカットされ
カウンターから柴崎が抜け出し角度のない位置から豪快にぶち込まれ
追いつかれてしまう。
無失点記録はまぁいつまで続くもんでもないし特に思うことはない
のだけどその後も集中を切らすことなく再三ピンチを救ってくれた
西川くんのおかげで勝ち点が獲れた試合だったと思う。

関根君は持ち味は出せていたけどやはりスタメンだと攻撃と守備
両面である程度の水準が保てないと長い時間使うのは難しいかな。
改めてヒラの偉大さを知ったけど、決してダメだったわけではなく
周りとの連携を深め良さを殺さずどう使っていくかが今後のテーマ
だろうな。

チームとしての戦い方では関根君をスタメンで使うと終盤足が止まり
始める時間帯でジョーカーとして使うコマがなくなってしまった。
ただなりは残念ながらゲームに入れず、関口はあの決定機を決めて
いたらミシャの起用がズバリだったと称賛されたのにw


鹿島は世代交代に取り組んでいるようで見慣れない名前が多くて誰が
誰やら…w
[PR]
by caz0322753 | 2014-07-28 21:46 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/20043089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< away川崎戦 至近距離 >>