BABYMETAL WORLD TOUR 2014@幕張メッセ・イベントホール
紙芝居の 幕張A-ONのカリスマ店員 4の日 ワロタ。

欧州、北米修行ツアーを終えBABYMETALがLand of the Rising Sun
に凱旋帰国。その2日間公演の初日に行ってきました。
a0005688_1845042.jpg

a0005688_185576.jpg



6、7月のアポカリメンバー限定ライブを除くと3月の日本武道館
2daysから半年ぶりの国内単独ライブ、場内は開演前のBGMに合わ
せコールやサークルモッシュが起こるくらい温まり過ぎな状態で
暗転からの3人の登場を待つ。
(この日のBGMはMETALLICA,ANTHRAX,MEGADETHあとなんだっけ?)

荘厳なバロック調のコーラスが響き渡り「BABYMETAL DEATH」の
耳をつんざくイントロが始まり3人が奈落からせりあがってくる演出
でショウはスタート。ステージは凝ったシアトリカルな演出は一切なく
後方に巨大なLEDビジョンがあるだけで神バンドのドラムセットが上手
に変則的に配置されているのが目を引く程度…と思ったらステージを囲む
ようにパイロが仕込んであり最後のIDZではどーんと高い火柱が派手に上
がりスタンドでも熱気を感じたほどw
文字通り凱旋公演なんだけどオーディエンスにそんな情緒に浸る余裕は与え
ずいつものように息つく暇さえ与えず疾走する怒涛のライブで海外のメタル
フェスでライブパフォーマンスのみで真っ向から勝負し評価を得てきた自信
に満ち溢れ余裕さえ感じた。

SU-METALの声はモントリオールでは厳しいスケジュールや気候の
影響なのか高音が苦しげに聞こえたけどこの日は絶好調で高音が突き
抜けるまっすぐなあの声質で歌い上げてくれた。
ステージでのすぅさんは最早風格さえ漂わせソロ曲「悪夢の輪舞曲」、
「紅月」での凛々しさ「Catch me if you can」や「ギミチョコ!!」
のようなパーティーチューンでの弾けっぷり、「ド・キ・ド・キ☆
モーニング」「いいね!」のアイドルっぷり、どれも圧巻すぎた。

7月のAPOCRYPHA‐Yは最前に近い位置だったけど今回はステージ全体
が観たかったのでスタンド席を選んだので3人のダンスがよーく見えた。
(O-EASTは近すぎて全体が見えなかった)
BLACK BABYMETALの「おねだり大作戦」、「4の歌」はYUIMETAL、
MOAMETALの楽しげなダンスが微笑ましかったな。(楽しげなダンス
なのに流れているのはスラッシュメタルなんだがw)

13日の神バンドの構成はds.前田神 g.Leda神、小神 b,BOH神の
構成。
小神さまのギターが紅月のギターソロ前にトラブってギターを交換して
いる様子が見れたけど見せ場のお立ち台でのユニゾンはキレイに決めて
きたのはさすが。


約90分のライブはシンプルな演出で、ギミックに頼らない、MCで和ませ
ない、真っ正直なステージパフォーマンスのみで観る者を圧倒し謎の感動
と爽快感を与える圧巻のステージだった。
[PR]
by caz0322753 | 2014-09-14 18:34 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/20195187
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< そんな時代 away清水戦 >>