G大阪戦@埼スタ
一夜明けても失点シーンが脳裏から離れないわけですが。


勝ち点の差を考えればリスクを賭ける必要があるのはどう見ても
大阪でレッズは焦らしプレイで相手の隙を衝いて勝つのが理想、
勝てなくても失点さえしなければ圧倒的に有利な条件で難敵鳥栖
へ乗り込む余裕があった…はずだった。

残り数分までは理想的な展開だったよね、ナビスコカップFinalで
圧倒的だったパトリックは交代していたし後はゲームを閉じること
だけ考えられたら良かったのだけどあの埼スタの雰囲気はそれでは
満足できない、ピッチ上というかミシャ自身がそれ以上の結果を欲し
がっていたように思う。興梠さんをサブに入れてきたときからなにか
うーん…と思うところはあった(結果論だけど)

まぁね、Jリーグはこのもつれ方が一つの魅力であるわけで…
こんな苦悶を伴う快楽を味わえるのは今年が最後、それを味わえる
権利を持つうちらは思う存分楽しんじゃいますか…w
[PR]
by caz0322753 | 2014-11-23 09:25 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/20414270
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 比較的近距離 玉座に座ってみたけど… >>