勇往邁進
LEGEND 2015 新春キツネ祭り@さいたまスーパーアリーナ
a0005688_9451331.jpg


年末にはNHK総合で特番、テレ朝のミュージックステーションライブ番組
への出演と続きこれまで存在すら知らなかった人たちから好意的な反響が
多いことはなにより。
BABYMETALはテレビでたまたま見かけて「かわいい!!」と思う人も多い
15歳と17歳だがライブでは誇張でもなんでもなく歌もダンスも素人くささ
や未熟さを売りにすることはない、自らに一切の妥協も甘えも許さない決意
を持ち鍛え抜かれたプロだ。SU-METALはライブをお客さんとの、自分自身
との戦いの場だと表現したけどこれは偽りのない言葉だろう。


Aゲートから入場すると9月の幕張では3つしかなかった生花がずらーっと
並んでいて壮観だった。
その奥に人だかりがあるなぁと進んでみると骨バンドのメンバーがポーズを
決めて撮影に応じていた。
骨さんたちはアリーナで旗を振りまわしながら会場を盛り上げて温めていた
りで大人気でしたw
a0005688_9461987.jpg

どんなステージセットなのか色々予想されていたけど入場してみるとステージ
の両脇に朱塗りの太鼓橋が掛かりアリーナ中央に出島があった。後方には
幕張のときとおなじ巨大なLEDビジョンがありステージ全体の作りはゴシック
建築風の作りな和洋折衷。

オープニングは「メギツネ」。武道館から棺桶に入れられ海外武者修行に
行かされたBABYMETALの軌跡を映像で振り返る。まるで作り話のような
海外での活動記録映像から再び3つの棺桶が日いずる国に戻ってくる映像
になり棺桶から出てきたキツネ面に着物のような衣装の3人が橋を渡り大音量
のイントロとそれに呼応したフルハウスのオーディエンスの掛け声に乗り静々
とセンターステージに向かいしなりとした仕草で着物を脱ぐと新春キツネ祭り
の始まり始まり。
3曲目は豊洲で初披露したあの新曲。なにこれ??という雰囲気の中、3人の
泡泡ダンスと歪んだ凶悪なリフが会場を包み込む。
キャッチーとヘヴィネスの融合、まさにBABYMETALを体現したような新曲。
4曲目は「紅月」ライブ@武道館を見た後だけどやっぱり生で聴く「紅月」は
抜群にいい。忘れがちだけど、まだ17歳になったばかりの女の子が歌い上げて
いること自体が驚愕の事実だと思う。
(中略w)
神々のソロに見入っているとピアノの旋律が流れロンドの始まりを告げる。
いつの間にか出島に立っていたSU-METALが圧巻の独壇場を繰り広げ曲の途中
で出島とステージを繋ぐ橋に渡るとそのまま空中に浮かび歌い上げるその凛々
しい姿に見惚れてしまった…
そんな僕のことなどお構いなく「ヘドバンギャー!!」「ギミチョコ!!」
「イジメ、ダメ、ゼッタイ」と怒涛のキラーチューンが続く。
IDZのバトルを模したダンスで僕は由結が最愛の上を飛び越えていく姿を見た
気がしたのだけどあれは幻だったのだろうか?w
すぅさんの『うぃーあー?』の煽りに2万人が『べびーめたぁぁぁる!」の
雄叫びを繰り返し本編は終了。

最後の曲は新曲「ROAD OF RESISTANCE」BABYMETALの旗を豪快に投げ捨て
るすぅさんの男らしい仕草はまさに道なき道を行く紅の騎士…でしょうか?
このメロディックスピードメタル全開な新曲はBABYMETALの決意の現れなのだ
ろう。
出来るわけねぇだろwと思われたことを成し遂げてきたBABYMETALだからこんな
クサい曲なのに最後に『ぼくらーのぉーれーじーすたあああああああああんす』と
歌い上げられると目頭が熱くなってしまうのだろうな。

今回のライブや武道館のライブBDを見ていて改めて思ったことは中元すず香という
シンガーの声に僕は完全に魅せられているんだなということ。
彼女は完璧なシンガーではない、だけど上手く聴かせようと技巧に走らない、ありっ
たけの声をまっすぐぶつけてくる。そこには一点の曇りも迷いもない。
楽曲やバックの演奏がどんなに素晴らしくてもあの声が聞こえてこなかったらここ
まで嵌ることはなかった。
ギミチョコMVの評価が賛否両論で割れる中、言葉の壁を乗り越え海外で受け入れ
られたのは聴く者の心にまっすぐ突き刺さる中元すず香の歌と身を削るように踊り
続ける由結と最愛の全身全霊を懸けたステージが受け入れられたからだろう。
[PR]
by caz0322753 | 2015-01-12 11:38 | BABYMETAL | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/20700372
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kenkenpar49 at 2015-01-13 23:47
こんばんは。前回のコメントに返信頂き有難うございました。SSAのライブ参戦お疲れ様です。ライブの興奮と感動が伝わってきました。本当に羨ましい限りです。

やっぱり今回のタイトルはコレできましたか!
先日、彼女の『島唄』のエピソードを知ったこともあって、
絵馬に力強く記されたこの言葉を見たとき、
おもわず唸ってしまいました。
これからも周囲の雑音など気にせず、自分の歌を信じて、
夢に向かって力強く歌い続けて欲しいなと思います。

11月9日の記事を読ませていただいて以来、この2ヶ月で我が家にもCDとBDがたくさん・・・
「責任を取ってください。」というこの上ない感謝の気持ちをお伝えいたします!
Commented by caz0322753 at 2015-01-14 22:10
kenkenpar49さん
コメントありがとうございます。

あの絵馬を見て彼女のステージ立つ決意と覚悟を見たような気が
してライブ中もずっと頭からあの言葉が離れなかったのです。
書風も実にすぅさんらしいという感じでw あの絵馬欲しかった
です。

おお、CDやBDを買われたのですね。
ライブに行かれると更に嵌る危険がありますので機会がありました
らぜひ足を運んでみてください。
<< 始まっていた 比較的近距離 >>