名古屋戦@埼スタ
ま た 埼 ス タ か 
ACL水原戦を入れると1週間で3度目ですよ、そして次の週末も埼スタですよ。
我々のような良く訓練された浦和ファン、サポでもない限りどの試合に行くか
分散されてしまったのかな…と心配になるほど閑散とした4月下旬とは思えない
冷たい風が吹き付ける埼スタ。


ズラタンがトップで機能し始め攻撃のカタチが出来てきたのはようやく選手間
の距離が掴めてきたからだと思う。
前節に続いて流れの中からの2得点、ズラタンに入った楔をフリックし関根が
細かいステップでコースを作りゲット、2点目のウメのクロスはニアに飛び込ん
だ阿部勇樹狙いだったそうだけど武藤がファーからセンターのスペースに入って
くる動きは完全にDFの死角を衝いた動きで秀逸だった。

この試合も西川くんが救ってくれたね。
小屋松に抜けだされたシーンでは出るかどうか一瞬飛び出さず止まったのでこれ
は間に合わない、交わされると覚悟したけどそこからのダッシュで綺麗にボール
をさらってクリア。



火曜日の水原戦の敗戦で各方面から待ってました!と容赦ない浦和(ミシャ)
叩きが始まり調子こいて『ミシャは浦和の監督の器ではない』と意味不明の
上から目線な人格攻撃を開始するライターまで出てくる始末。
そんなざわざわした空気を一変させる意気込みが伝わってくるくらい
レッズは気持ちのこもったゲームが出来たと思う。
最後の失点がなかったら完勝と言えるゲームだったけどそこは浦和レッズさん、
これだからACLはダメなんだよwと詰めの甘さを残しつつ…ねw
[PR]
by caz0322753 | 2015-04-26 12:28 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/21162352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< away甲府戦 ACL グループリーグ水原三星... >>