away柏戦
苦しいゲームだったねー

関根君の低い弾道のクロスに武藤がヘッドで合わせたのは見えて
いたんだけどリプレイでニアに飛び込んでいたのが#5だったのが
わかり『なんで槙野がそこに!?w』と思った人は多いはずw
槙野がニアにいたことで柏のDFは武藤の動きを見きれていなかった。
厳しいコンディションでも最後まで諦めずあの位置取りをしていた
武藤には本当に頭が下がる思い。

試合開始早々にウメのゴールで先制したもののその後は柏の速くて
強い寄せと5枚並べてコンパクトに守るやり方を徹底されて思うよう
にボールが動かせなかった。この試合は永田さんが久しぶりにスタメン、
その永田さんが柏の速いプレスに対応しきれず西川君との連携不足が
失点に直結してしまったな。
西川君はこの失点で珍しく動揺してしまったのかなぁ、失点後はそ
れほどプレッシャーを受けていないようなシーンでフィードが相手
に渡ってしまうミスが多かった。
今季のレッズは前線の構成はクルクル変わるけどリーグ戦のバック
ラインは常に那須を中心に不動の構成だったわけでそこに永田さん
が放り込まれ挙動不審だったことでレアンドロ、クリスティアーノ
が前で起点になり後方から湧いてくる柏の攻めに対する守備が上手
く嵌らなかった。
前半でズラタンが負傷交代し興梠さんを使わざるを得なくなる想定外
の事態。そして後半アタマからなぜかウメからただなりに代えた采配
がその後のゲーム展開に大きな影響を…
雨上がりなのにピッチがびしょびしょになるほど水撒きをしたそうで
湿度と滑りやすいピッチのせいでサイドで相当消耗が激しかったであろ
うウガを橋本に変えて交代枠を使い切った後で永田さんが足を攣り動け
なくなってしまいクロスに対応しきれず失点してしまう最悪なやられ方に。
助かったのは柏がとどめを刺す交代カードを切ってこなかったことだな、
試合の閉じ方をどうするか迷っていたのか分からないけど今年のレッズは
80分過ぎにもう一度ギアを上げる走力が残っているのが強みなの。


失点はミス絡みだし嫌な負け方になっても仕方ない試合を土壇場で勝ちに
等しいドローに出来たのは本当に大きいね。
[PR]
by caz0322753 | 2015-06-04 11:04 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/21306880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 清水戦@埼スタ away鳥栖戦 >>