vodafoneカップを終えて
とにかく蒸し暑かった。
都内経由で相方を拾い南北線で美園へ向かう車内は噂に聞く在日ユナイテッドファンの
姿も目につきおまけに「be the reds」までいる始末orz …もしかして朴つながり?w
a0005688_19194429.jpg

いつもの席と違うバック南寄りのロアーはなんだか疎外されているような場所。
周りを見るとユナイテッドファンも多くスコールズや馬のレプ姿も目に付いたけど
もちろん何か起こるわけもなくまったりとした雰囲気。
自分も今日は花試合だしのんびり観ると彼女に言っておきながらマンUの
大人気ないファールやジョージにイライラが募るw 
俺は女と試合を観てはいけないタイプだorz

以下思いついたままに雑感を
正直に言って期待はずれのゲームだったな、主にユナイテッドに対して。
自分は3冠を獲ったころのメンバーに思い入れがあるだけだと分かった。
青ユニはエフシーみたいでカッコワル。
救いはロナウドの小股なドリブル突破とやわらかいタッチ。簡単にかわされる
啓太を複雑な思いでみたがスピードとテクを兼ね備えたいい選手だ。
お目当てのギグスは後半途中出場、ぜひ左サイドをドリドリ突破をとの期待も
虚しく足元で受けて繋ぐプレーばかり。

レッズは7月の地獄の6連戦後に代表組が抜けトゥーリオも抜けてホリと
ウッチーがCBの急造4バックに3ボランチという戦前からファンタージーの
悪寒溢れる布陣。が、守備的な入りに こんな闘い方もできるのか と少し感心。

永井はサイドに張らせてウイングで使ってあげるのが番かなードリブル勝負を
楽しんでいるようだった。
ヤマは普通に相手を圧倒、さすが俺たちのヤマ、後半の相手3人を抜き去り
マイナスに折り返したところをポンテがシュートと言う場面が自分は一番印象
に残った。

そしてこの日一番の注目点ポンテとマリッチは後半から出場。
ポンテ、なにかやってくれそうな感アリアリですよ、やわらかい身のこなしと
パスセンスに久々にトップ下を見た思い。
そしてマリッチ…周りを鼓舞するように手を叩いている様子から自分から
溶け込もうという人間性の良さが分かったような気がしました。
いい人なんでしょう、ええ。
プレーについてはまだ見るべき点はなしだったような。

追記
自分はもう海外クラブ相手のPSMは行かないかも。
海外クラブも日本のファン向けに紅白戦でもやり思う存分技術を
ご披露して頂いたほうがいいのでは?

追記2
普段なら殆ど人だかりのないパチユニ屋に群がるユナイテッドファンのみなさん、
それ買ってもクラブは損害を受けるだけですよ?
[PR]
by caz0322753 | 2005-07-31 19:36 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/2137946
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from sattiのサッカー・ス.. at 2005-08-01 03:08
タイトル : 浦和vsマンU、観戦記・試合詳細
Vodafone CUP 2005 浦和vsマンU 19:00 KICK OFF 僕は朝7:30の点呼に行き列整理を行った。南門(ホーム側)だったこともありすぐに終わった。その後北門を見たらまだやっていた。すごく眠かったので一旦帰宅し寝た。 そして15:00頃埼スタに到着した。この時... more
<< 達也の東アジア大会その1 ギグス >>