アレ使いのポンテ
予想外に混雑していた電車、スタジアムもロアーのみとはいえほぼフルハウス。

つまらない試合だったとあの場で言えるのは長谷部にだけ許された権利で
オレらはスタを出てから言えばいいこと。あの場では暑さの中闘った選手をねぎらいたい。
だって、なにより欲しかったのは次に進む権利でしょ?

ポンテ、マリッチのデビュー戦でギドはマリッチの1topに2シャドーにヤマとポンテを
使ってきた(なぜ?)
結論から言うとマリッチは1top向きではないと思う。ここに達也がいたら と思わせる
ポンテからマリに繋いで…という場面もあり今後の達也とのコンビに期待は持てたけど
ああいうタイプを見慣れていないせいかもどかしさもあった。
前半は守備的にいったようで縦へのリスクを負ったチャレンジはせず横に廻して
この日の気候のようなじっとりとしたプレーに終始。
前線のマリッチは自分で打開するタイプではなく、ポンテもまだ周りを見極めている
段階なのか何度か縦への鋭い展開を見せたが不発。
んーなんだろ、縦へのチャレンジがないレッズは正直見たくない。局面で勝負を仕掛け
るのがギドのサッカーなんじゃなかったの?と失望しながら前半は終了。
後半ポンテとアレ、マリッチの関係がよくなり活性化する、ポンテとアレの関係の
よさとアレのクロスの精度で中央に構えるマリッチというのはようやく見えた新しい
レッズの形になるんだろうな。今までどうも使いこなせていなかったアレをポンテは最大限
活かしてくれそうな予感がした。
そしてポンテの能力の高さも実感、後半見せたヒラリと上体の動きでDFを誘いながらかわして
エリアに進入し枠を捉えたフィニッシュなんて鳥肌モノ。
そしてこの試合もゲームを決めたのは長谷部誠、試合のたびに汚いファールで
削られる場面が目に付き心配でしかたないのだが当の本人は更なる高みを目指すために
克服すべき課題としか思っていないようだ(すげぇ)


試合後のレッズバーで西野が話していたことで印象深い言葉があった。
他所ではよく見かけるマスコット、試合前に愛想を振る舞いスタをなごませているが
レッズは今後もマスコットをスタに呼ぶ気はないというフロントの言葉だ。
曰く「レッズのスタジアムに和みはいらない」 激しく同意。
アメリカナイズされたチアリーダーやマスコットショウなんかイラネ。
浦和のスタジアムは戦いの場、これでいいでしょ?
[PR]
by caz0322753 | 2005-08-15 16:43 | 浦和レッズ | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/2173981
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from きんぐくんのBLOG at 2005-08-15 17:32
タイトル : 3タテですよ
浦和レッズ 1-0 清水エスパルス 日本平で勝って帰ってきてのホーム第2戦。 いわば前半1点リードで後半突入のようなもの。 まぁレッズ的には、先週同様、もっと言えばエコパで勝ったリーグ戦とも同様にしっかり抑えきれば勝ち抜けだ。 なんて言ってたら・・・ チョジェジンがレフェリーの目の前でキレて2枚目のイエロー→退場。 あそこで勝手にファビョってくれたチョジェジンは問題外として。。。その直前の競り合い。 あれ啓太のファウルぢゃなかったんですかね?? 仲間一同、あのジャッジの時点で「あ、...... more
Commented by monsoon1973 at 2005-08-16 01:16
 こんばんは 私も西野さんのコメント聞きましたよ。
「試合開始前からスタジアムは戦場である」というコメントに、フロントの熱い想いを感じました。あの場所にいたサポの拍手も同じ想いを現しているんでしょね。
Commented by caz0322753 at 2005-08-16 10:54
>monsoon1973さん
そうですね、うちはこの形を崩して欲しくないです。

<< 明日、角沢トークショウ@日産スタ  当日券あります。 >>