神戸戦@駒場
鹿の尻尾を引っ掴もうというところで牛の突進に遭った。
今年の神戸戦で楽な戦いはなかったよな。そう今回も。
神戸は切り替えが早く運動量も豊富、トップに当ててサイドに開く意思統一が出来ている
しかし、フィニッシュの精度が悪く失点はないな と思っていたら左の内舘が振り切られ
最後はよりによってヒラセーかよ。
確かに神戸は局面でのあたりは強かったし自陣に引き篭もっていたけどレッズも縦への
チャレンジが足りなかったり前線の動き出しも足りなかった。
永井とマリッチはかみ合わずポンテもマークがきつく自由になれない、サイドの平川、
アレにもボランチから効果的な展開がない…長谷部不在の大きさを思い知る。
そう、ポンテは過去2試合では長谷部を探していたほどでこの関係が使えなかった
ことも響いた。
ハーフタイム、岡野のチャントが響き渡りアレと交代、中盤で効果的な展開、キープが
出来なかった酒井がヤマと交代。ヤマがボランチ。確かにミスもあったけどドリブルで
仕掛けたり前半にない動きを中盤に作っていたと思う。
同点のゴールは岡野からのクロスをファーに二人が飛び込み決めたのは永井のヘッド。
こういう流れるような展開からのゴールが新しいレッズの得点シーンになるのかな。
しかし流れがレッズに来ていた時間帯にアツにFKを叩き込まれ再度追いかける展開に、
あれは凄すぎ、ケアしていたはずのニアとはいえ仕方ない。
終盤の、トゥーリオを前線に張らせてパワープレーを始めたときには正直、負けを
覚悟した。頼みのポンテもスタミナ切れか消えかけた終了間際、スタジアムに
響き渡るPOU、低い位置で放り込みに専念していたそのポンテがスルスルと上がると
DFをかわして岡野へパス、固かった神戸のマークが緩んだところをエリアに侵入し
岡野の右アウトサイドの浮き球のパスをダイレクトでシュートは同点のゲット!
勝てる!しかしトゥーリオのミドルがバーすれすれを抜けていき終了。 
…引き分け、これは勝ち点2を失ったのか?あの状況で追いついて1を得たのか?
達也が復帰してもギドはマリッチでいくのだろうか?2試合連続で結果を出した
永井をどうするんだ?とずっと考えながら帰宅も答えが出ず。

2度の中断期があったし下位とはいえ補強を積み、弱点を補い立て直してくる。
神戸も実力のある外国人や元鞠の遠藤を加え別のチームになっていた。
楽な相手などいないしJの実力は拮抗している。一歩踏み外せば地獄まで落ちる試合が
これからも続く。
[PR]
by caz0322753 | 2005-08-25 21:10 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/2198431
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 尾張の地を想う夜 ホーム駒場 >>