うまくないし勢いだけな浦和のaway川崎戦
シドニーからの長距離移動から中三日、あの悪コンディションでの激闘を
思うとかなり厳しいゲームになると誰もが思ったaway川崎戦は相手にほぼ
なにもさせない1-0の完勝。

休養十分な森脇、ウガ以外はシドニー帰りのメンバー。
立ち上がりからハイテンションな前から嵌める動きが出来ていて杞憂して
いた遠征疲れは感じなかった。
今年のレッズはトランジションの速さでロストした後の相手ボールホルダー
への複数の寄せで自由にさせないやり方が徹底されている。
川崎戦でいつもやられているパターンは前掛かりから引っ掛けられカウンター
を喰らうことなんだけどその点でこの試合はいい対応が出来ていたね。
で、ずっと課題なのはその立ち上がりの主導権を握っている時間帯で試合を
決めることが出来ないこと。この試合もほぼハーフコートで押し込んで
いたのにオンターゲットなフィニッシュはゼロで前半は終了。

たぶん川崎はレッズが後半足が止まるのを想定して前半は持たせていたの
だと思う。そこから得意なカウンターで仕留めようと。
僕も前半のハイテンションな時間帯で決めきれなかったのが後半効いて
きそうな気がしていたのだけどレッズはまるで憑りつかれたかのように
川崎を追い回し動きを緩める気配を見せなかった。
武藤の決勝点は浦和のトリデンテのコンビネーションから生まれた。
ただなりのワンタッチヒールからノートラップで武藤が浦和者に寿司を
もたらすコントロールシュートで先制のゲット。普段Jの試合を見ていて
もどかしいのはノートラップで撃てば得点出来そうなシーンで慎重に
トラップすることでGKに準備時間を与えてしまうことなんだけど武藤は
そんなもどかしさを消してくれるシュートを見せてくれた。

ミシャの試合の閉じ方は1点を守るメッセージ的な青木投入ではなく前線
にウメ、高木、駒井を次々と入れ相手にカウンターを警戒させる起用。
攻撃力を誇る川崎相手にズルズルと引いてしまうことなく最後まで球際の
勝負で負けずフルタイム戦えたことは大いに讃えたいな。


※追記
スカパーでレッズの試合と被らない試合を選ぶとき一番選択するのは川崎
の試合なんだよね。単純に攻撃的で見ていて楽しいから。だからミシャの
言いたいことはまぁ分かる。ここ数年Jリーグで多くのタイトルを獲得して
いるクラブは堅実で強いけどスペクタクルさは全然ないからね…
[PR]
by caz0322753 | 2016-04-24 23:58 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/22747089
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< まがい物 アジアチャンピオンズリーグ G... >>