ACL グループステージ 浦項戦@埼スタ
『空手には礼に始まり礼に終わるという心得があります』
16歳の女の子がインタビューでそう話していましたが日本には
素晴らしい言葉がありますね。


戦前の予想通り大幅にメンバーを入れ替え西川くん、柏木、ウメ以外は
出場機会が限られているメンバーで臨んだ試合はレッズのスペクタクルな
コンビネーションを作るためには相当な時間を共有する必要があるんだな
と思い知らされた試合でもあった。
特にDF3枚はミシャのフットボールにおいては守備のための守備ではなく
攻撃のスイッチを入れる役としてのタスクの割合が高いのだけどこの試合
のDFは守るだで一杯いっぱいで青木が尻拭いで奮闘する姿を見てこれでは
DFからのビルドアップや起点どころじゃないなwと。
ついに姿を見せたイリッチは真ん中でなく右CBで出場だったけど線の細さ
が気になった。フィジカル系でなく足元のスキルが高いのかなと思ったら
それもちょっと…もっとも↑に書いたようにこのフットボールは時間を掛け
コンビネーションを磨かないと成り立たないので結論を出すのは時期尚早
だと思うけど(不安げな顔で

淡々と時間だけが過ぎミシャの3枚替え(!)も流れを変えることは出来ず。
あちら側のボックスでなんだか分からないままPKを取られそこから多少
ギアを上げてこちら側のボックスで相手のハンドがありPKをもらい追いつい
たもののちぐはぐさが消えないまま試合は終了。


試合後は浦項のプレーヤーの振る舞いでなんとも後味の悪い試合になって
しまった。
ああいった行動をとるのは育ちが悪いのか教育が悪いのか生まれた国が
悪いのか…
[PR]
by caz0322753 | 2016-05-04 11:07 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/22776271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 北ゴール裏端っこ住人 at 2016-05-06 12:50 x
浦項戦はメンバー入れ替えた試合でサブメンバーがどこまでやれるか楽しみでしたが、やはりミシャサッカーは難しい、ターンオーバーにもならない感じ、そうはいっても次のFCソウルは今季一番の強豪だと思いますので、大宮戦でも色々メンバーを試してほしいです(チケットなく自宅観戦ですが)
試合後は、あの歌詞が頭の中に浮かんできちゃいましたね
「きらいだー、自分のことしか考えないやつ、かっこわりー・・・、お前のその根性たたき直すぞ~」

あと、WOWOWは新譜を期待しましたが期待外れで、商売上手でしたね
Commented by caz0322753 at 2016-05-09 09:33
北ゴール裏端っこ住人さん

ウェンブリー特番はちょっと見せでしたねw
7月の本放送も新曲はBD化するまで見れないような気がします。

浦項の件は♪ざっけんじゃねーぞ おいおら
ですよねぇ。ソウル戦は文字通り決戦になりそうで今から
楽しみで仕方ないです。
<< away大宮戦 名古屋戦@埼スタ >>