BABYMETALワールドツアーファイナル@東京ドーム
BABYMETAL World Tour 2016の最終公演に行ってきました
a0005688_20262943.jpg


4月2日、2ndアルバム発売と共にツアーをスタートさせたBABYMETALは
欧州、北米ツアーを経てようやく母国・Land of the Rising Sunへと戻って
きました。

このあまりにも濃すぎた二日間を一言で表すと『すごかった』
文才のない僕にはこれ以上表現しようがないのです。
ライヴとしては不満な点もあったけどスタジアムクラスのショウとしては
極上の出来でした。世界中どこへ出してもこのクオリティは絶賛されると思う。
僕ら一般人より同業者の人たちのほうがより衝撃を受けたかも…
a0005688_20294861.jpg

二日間とも東京ドームは外野スタンドまで解放した文字通りぎゅうぎゅう
パンパンのフルハウス。
RED NIGHTはそんな様子を2階スタンドから俯瞰していたわけですが
途中で何度も目頭が熱くなってしまい視界が…
BLACK NIGHTはアリーナでした。地上から見ると全容が把握できない
程巨大なセットに禍々しい魔晄炉のような塔がそびえたつ様相は圧巻でした。
この日は1stアルバム中心の構成でこれまでの足跡を辿るような演出が随所に
ありシアトリカルな演出はBDでしか見たことがない僕のような新規には磔を
会場で観れたのが嬉しかったです(どんな感想なんだよw)
そんな東京ドーム2Days、とても密度の濃い二日間だったので印象的だった
シーンをいくつか記しておきます。

「Amore-蒼星-」ステージにそびえたつ塔の頂点に君臨し55,000人の
民衆…いや観衆の視線を一身に浴びながら高らかに歌い上げる姿はこんな
18歳がこの世に存在するはずがないと思うほど神々しかった。
すぅさんの目の前にどんな景色が広がっていたのか…いずれ話してくれる日
がくるかな。
「Tales of The Destinies」ライヴで演奏するの?と言われていたこの曲も
当然のように奏でられました。神バンドの生演奏とマニュピレーターを駆使
しプログレメタルの複雑な変拍子を完全再現、由結と最愛がピアノパートに
合わせて踊った振りは表現出来ない可愛さだった。BABYMETALのすべての
振り付けを担当するMIKIKO先生の発想力の凄さには感服するしかない。

「NO RAIN NO RAINBOW」Legend 1999と赤い夜でしか披露されたことが
ないパワーバラード。生歌で聴くとメタルじゃない曲を歌う中元すず香が見た
いなぁと改めて思ってしまう。
「メギツネ」今年の北米ツアーから曲中でオーディエンスを煽るようになり
さらに化けたキラーチューン。SU-METALの目力の強さで55,000人を取り憑
かれたように熱狂させにやりとした表情が最高だった。
「紅月」今年のワールドツアーではセットから外され(!)てしまったのが
すごくショックだった。「ド・キ・ド・キ☆モーニング」と「紅月」は
BABYMETALの持つ多様性の代表ではないかと。パイロがこれでもかと焚か
れるラウンドステージで会場を360度回りながら歌う凛とした姿を見てまた
泣けました。

エンディングの「イジメ、ダメ、ゼッタイ」が終わりコール&レスポンス
で三方向に延ばされた花道を一つずつ回りながらすぅさんが足を滑らせ
コケたそうで(僕の位置からは見えなかった)
そのあと三人がくっついて顔をクシャクシャにして笑っていた姿はキツネさま
に遣わされた使徒であるBABYMETALではなくありのままな屈託のない十代の
少女三人だった。
同じ時代に生まれ幼い頃から同じ芸能プロダクションに所属しKOBAMETALが
可憐girl'sの中元すず香の歌声惚れ込み試行錯誤して自分が大好きなメタルを
歌わせようと思いついた奇跡の集大成、それがBABYMETALなんだよね。
あの笑顔の理由はやり切った充足感、とんでもないところまで来た達成感それ
とも重い重い荷を下ろした安堵感、開放感なのかな。
こんな小さな少女たちが退屈だと思えば容赦なく態度で示す欧米の厳ついメタル
ヘッズが集まるラウド系フェスのステージに立ち実力で屈服させ口うるさい欧米
のメタル系ライターやメディアを認めさせてきたのかと思うと三人の素に戻って
しまいはしゃぐ姿を見て泣けてしまった。

今までの大きなライヴでは最後の紙芝居で次のイベント告知がある流れでした
が今後の予定はOnly The FOX GOD Knows…
次々とファンの想像の上を突き進むBABYMETALはしばし休息のときを迎えた
ようです。(と言っても12月にはレッドホットチリペッパーズというビッグ
ネームのスペシャルゲストでUKアリーナツアー8本が待っていますが)
普通なら東京ドーム公演は”上がり”なのだけど道なき道を進むBABYMETALに
とってここはまだ通過点。次の展開がどうなるか分かりませんがきっとまた
僕らの想像を上回る展開が待っているんでしょうね。そして彼女たちはどんな
困難でも固い絆を武器に乗り越えていくのでしょう。
[PR]
by caz0322753 | 2016-09-22 00:53 | BABYMETAL | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23232665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 北裏 at 2016-09-22 13:40 x
ダイレクトさん こんにちは
ドーム2日間とも行かれたのですね、本当に凄かったですね!、これまでのライブの最高峰であり、世界から見ても負けないBABYMETALの様式美の完成があったと思います。それしか言えませんが・・・

僕は両日ともTHEONESEATのアリーナでしたが、なんと1日目はDブロックのステージから2列目!!
メインCブロックの脇から3人を主にみることになりましたが、神バンドは常に目の前、回るステージのおかけで御三方も人生で一番最前で会うことができ、すっと叫び続け最後まで涙が止まらずトランス状態とはこのことかと。
これで今年の運は使い果たしたのか、案の定、2日目はBブロックの中列でした、また、2日目のヘドバンは凄かったので、あそこでYUIとMOAに唄ってくれれば気絶していたかもww
Commented by caz0322753 at 2016-09-23 10:17
北裏さんこんにちは
良席でご覧になれたようでなによりでした。
間近で見る御三方はこの世のものと思えない程綺麗で
可愛らしくてヤバいですよねw

外しまくった19日はぴあ先行で当ててなんとか二日間の
チケットを確保出来ました。2階スタンドの天空席から見た会場は本当に人で一杯で圧巻でした。
存在に気付かなかった天空ステージに三人が現れた時の驚きといったらもう…周りのみんなが絶叫していました。
Amoreも素晴らしく神々しくてずっと見惚れていましたw
二日目はDブロックで主に背中を…w
今回は神さまたちも今までに見たことがないほど魂のこもった鬼気迫るパフォーマンスで素晴らしかったです。
大村さんとLedaさんが何度もアイコンタクトしつつ笑顔で楽しそうで和みました。

最新のベビメタが最高のベビメタ。
それはチームBABYMETALの一切妥協を許さない努力の結晶なんでしょうね。
Commented by 北裏 at 2016-09-23 13:15 x
ダイレクトさん、まさに妥協を許さない、それです。
あの日にドームで裏方した人がいて、あとで聞いたのですが、リハーサルを最初から最後まで演出(爆竹含めて)を通しでやっていることにびっくりしたそうです、あまりいないとのこと。頭下がります。

ダイレクトさんのようにどちらかがスタンドの方がよかったと思いますよ、
RORの時なんて何処にいるか全く理解できませんでしたww
Commented by caz0322753 at 2016-09-23 21:55
北裏さん

おお、そんなお知り合いが。
しっかりリハをしているからこそのあのクオリティなんでしょうね。

あのRORのオープニングは完全にフェイントを喰らいましたw
<< 広島戦@埼スタ 鳥栖戦@埼スタ >>