広島戦@埼スタ
埼スタの映像担当者さんはNice Save!ボタン(そんなのあるの?)の
押しすぎで指が痛くなっていませんか??

ちょっと理由wがあって風邪が良くならず。今日はテレビで済まそうかな?
と思いつつ気が付くとメタ太郎を口ずさみながら埼スタへ(なんの話だw

ウタカのPKが決まっていたらまったく別の試合になっていたかもしれない、
3-0のスコアほど楽勝でもなく、リードされて本気を出した広島のパスワーク
に翻弄され両サイドを広く使う攻撃にシュートを打たせない守備が出来ず西川
くんが集中砲火を浴びることに。まぁミラーゲームなので一人外されるとこう
なってしまうのかもだけど…
この試合では左サイドがミキッチに完敗、もっとウガと関根くんが連携して
ケアしないと一対一ではやられすぎた。
先制はカウンターで柏木が持ち上がり右サイドから崩しフィニッシュは千葉が
丁寧に合わせゴール左隅に流し込んだ。前節もサイドからの崩しが相手に当た
りオウンゴールにしたけどこれは守備側がギリギリの対応をせざるを得ない
カタチを作っているから起きることでもあるわけで。

終始ミキッチへのケアが出来ずミシャは関根くんを右に回しなんと遠藤を
左CBにして対応。この交代策はあまり効果があったとは言えないけど森保
が早めにウタカを諦めてくれたことで前線で一発の怖さがなくなり守備の
緊迫感はかなり減ったように見えた。
関根くんを右にシフトしたことでoutした駒井は残念ながらこの試合では弱点を
露呈してしまったかな?レッズの攻撃の大きな武器である逆サイドからのロング
パスのトラップが決まらずマッチアップした柏にボールの取どころにされる始末。
プレッシャーの掛かる状況で正確なトラップと次のプレーに繋がる位置にボール
を置くスキルは普段ウメや関根くんを見ていると出来て普通に思えてしまうけど
相当ハイレベルなプレーなんだなぁ。


高木俊幸は去年の埼スタ広島戦のリベンジをしたね。
試合後の彼の落ち込みようは見ていられない程だったけど今年は胸を張り自信
に満ちた表情だった。3点目の絡め取るようなトラップは素晴らしかったなぁ、
もうそこで勝負は決まったようなものであとはGKの位置を見て撃つだけだった。
1ゴール1アシストを決め誇らしげに北サイドスタンドにアピールする姿はこれ
までのどこかナイーブな様子とは別人のようだったね。
リオ五輪はレッズとって主力2名を抜かれる大きな試練だったけど高木の覚醒や
那須のプライドを感じる主力返り咲きなどレッズの身になる試練だったのかな。
[PR]
by caz0322753 | 2016-09-26 15:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23243538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 祝 阿部勇樹J1通算500試合... BABYMETALワールドツア... >>