祝 興梠慎三 J1通算100得点の新潟戦
Jリーグ史上12人目の偉業ですって。

浦和レッズでの得点がこの試合で51点になり8年間所属していた
鹿島での得点を4年で上回った。
「裏抜けが得意なワンタッチゴーラー」という僕のど素人丸出しな
興梠評は移籍後すぐに覆りミシャのレッズには欠かせない前線の要
になった。移籍後初ゴールが中々取れずご本人はかなり怯えてwい
たけど待望の理想的な1topが来たことでアッと今にサポの心を掴ん
だよねぇ。

そんな興梠さんの2ゴールで勝ちきったaway新潟戦はこのカードでは
よく見る内容は相手が上回ったのになぜか勝ち点3が転がってくるいつ
もの結果に。
ただこの試合の明暗を分けたのは両監督の交代策にあったように思う。
中断期間の3週間をかけて前半はスコアレスで凌いで後半勝負と描いて
いた新潟のプランを早々にぶち破った遠藤から興梠さんへの縦ポンから
の先制ゲットで主導権を握るはずだったのが森脇のバックパスを掻っ攫
われ追いつかれると平常心を失った黒森脇が危ういプレーを連発して
いたのをミシャは見逃さずスパっと前半で代えてしまった。
後半は那須をセンターにし遠藤を右に置いて守備を安定させた。
(しかし那須のプロフェッショナルっぷりは惚れ惚れするねぇ)
新潟の新監督は思わぬプレゼントゴールでドローでいいと考えているの
かなと思ったら攻撃的な交代で欲を出したことで墓穴を掘ったね。
特に関根くんにスペースを与えず抑え込んでいた小泉を下げてくれたの
は助かった。決勝ゴールはその関根くんのクロスをただなりが前で潰れ
て仕上げは興梠さんが豪快に叩き込んだもの。

2年前は攻撃の要だった興梠さんを負傷が癒えぬまま無理使いし怪我を
悪化させ優勝を逃した。
新潟戦では先週のファイナルで負傷した柏木をベンチには置いたものの
中盤が機能せず焦れる展開にも関わらず温存し勝ちきった。
2年前のミシャなら後半から柏木を使っていただろうな…
杉浦コーチがミシャは変わろうとしていると話していたけどそれを実感
させる試合になったね。
[PR]
by caz0322753 | 2016-10-22 22:50 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23307662
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< awayジュビロ磐田戦 浦和レッズがJリーグ・YBCル... >>