LIVE AT WEMBLEY
LIVE AT WEMBLEY/BABYMETAL
a0005688_17532647.jpg

音源をレコードやCDで買っていた時代はジャケ買いという言葉があった
のだけど「LIVE AT WEMBLEY」は初回限定盤のジャケットを見てカッコ
いいなーと素直に思った。

自ら英国(ロンドン)は特別な場所と公言しているBABYMETALにとって
その歴史に刻まれた思い出深いライヴの音源化。
既にライブBDは発売済みなのだけど改めて音だけを聴くとBDより生々しさ
が増して音が迫ってくるのはなぜなのか?
BABYMETALは以前ライブ盤として「LIVE AT BUDOKAN」をリリースしている
のだけど今回聴き比べてみるとその音像が全く違うことが分かる。
各楽器とVo.がキレイに分離され優しい音のBUDOKANと違いWEMBLEYは楽器
の音が前面に出てくると同時にSU-METALの力強い歌声が更にその上を突き
抜けていく実際のライヴ会場の音の再現のような作りだ。

僕はBUDOKANの音はあまり好みではなくそれよりTHE ONE限定販売だった
WORLD TOUR 2014 APOCARYPSEにあるO2 ACADEMY BRIXTONのライヴ
CDを今でもよく聴いている。今回のWEMBLEYはミキシングを同じTue Madsen
が担当したと知り納得した。

なぜBABYMETALはライブ音源を作りたがるのかな?という疑問の答えを妄想
すると、KOBAMETALはすぅさんの歌声は音源よりライヴなのだと一番理解
しているからこそライヴ盤を出しそれを世に知らしめたいのかなと。
[PR]
by caz0322753 | 2016-12-30 18:00 | BABYMETAL | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23511440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 泣けた 無題 >>