到着
新機種、飛行に不安の声=機体運用実績少なく―F35配備で山口・沖縄(時事通信)

F-35戦闘機に特に関心がない一般層になんとなくな不安を植え付ける
姑息な記事ですね。
F-35はA、B、Cと3機種がありBは垂直離着陸(V/STOL)が可能な機種で
アメリカの強襲揚陸艦の狭い飛行甲板での運用を目的に開発された機体な
のだけど開発期間を含め今まで一度の墜落事故も起こしていない。
(F-35シリーズ全体でも墜落事故はない)

F-35Bが強襲揚陸艦で離着艦をする動画


一方いままで海兵隊岩国基地で運用されているAV-8BハリアーⅡは米軍の
航空機の中でも重大事故率が高い機種だった。
単発エンジンの割に機体重量があり過重な負荷がトラブルに繋がる可能性
と書いてあるけどF-35Bが搭載しているエンジンP&W製F135は単発で双発
エンジン並みの強力な推力がある最新型ね。
[PR]
by caz0322753 | 2017-01-19 16:29 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23560488
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< NOT IN THIS LIF... メタリカさん! >>