ACL FCソウル戦@埼スタ 
2月の美園2丁目(地番が変わったのね)の夜は凍えるような寒さ
でした。

各員奮闘ヲ継続セヨ

ミシャの『バイエルンのように戦え』という方針を忠実に実行しよう
とする我が浦和紅宝石第一小隊。
5得点していようが最後まで前のめりで横浜での失点シーンを再現し
てくれた。
a0005688_16321290.jpg

キックオフ直前に席に着き約3か月ぶりで試合の動きに目が慣れ
ないうちに反対側で2連続得点。『…ん?決まった!だれだれ??』
CMFには怪我を心配した青木がいてほっとする。青木の相方は阿部
勇樹ではなく…駒井!?去年も少しだけ試してたけどミシャは駒井
をCMFとして使えると見込んでいるんだね。
CBに遠藤ではなく那須を置いたのはフィジカル面が理由だろうか?
相手は確か去年のKリーグ王者、それにしては軽いというか韓国特有
の激しさもなくあっさりとした守備だったな。
CMFに青木、駒井コンビを起用するギャンブルフォーメーション
だったので前に来られると厳しいだろうなと見ていたのだけど1点FK
で返さた直後に3点目を奪うと戦意喪失したのかラフプレーが増えそれ
に反応したスタンドからの怒声で大量得点試合とは思えない不穏な空気
で前半が終了。

後半途中から新加入の長澤、ラファエル・シルヴァが埼スタデビュー。
得点差を考えれば中二日の連戦になるラファエルを使う必要はないと
思うけど実戦でチームに馴染ませるためだったのかね。ドリブルの速さ
と積極的なシュートはレッズに足りないピースを埋めてくれそう。
長澤は…特に印象なしw
終盤は攻め疲れたのに総員総攻撃令を健気に守り低い位置でロストして
押し込まれ弾き返してはカウンターでがら空きの広大なスペースを使わ
れ失点、更に決定機をポストに救われるなどバタバタしてしまい5得点の
余韻よりもまたあの形でやられた…と後味は少し苦め。
でも2試合とも大量得点で勝てたのはGS突破には大きな勝利だったね。
[PR]
by caz0322753 | 2017-03-01 16:47 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23687326
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< セレッソ大阪戦@埼スタ 机上の空論@日産スタジアム(二度目 >>