セレッソ大阪戦@埼スタ
MOVE THE WORLD FORWARD
ゴールを決めたときビジョンにどどどどどどどおおおお!とロケット
が発射される映像が流れているのに気が付いたのはラファエルのとき
でしたw
(そういえば新加入会見ではH-ⅡBの模型を選手に囲ませてた)
実質的な親会社が三菱重工業に代わったことで南広場にあれやこれを
展示しようとネタで盛り上がりましたが、社運を賭けているMRJが完成
する3年後にはレッズ専用機をぜひw

FCソウル戦から中三日とは思えない出足の鋭さで圧倒した前半で
勝負を決めリーグ戦初勝利。
よく中盤の汗かき役をダイナモと呼ぶけどレッズではシャドウの武藤
がチームのダイナモと呼ぶに相応しい働きをしてくれるのをまざまざ
と見せてもらった。
もう一人、CMFの青木の前から奪いに行く守備と持ち上がりは展開力と
アクセントで勝負する柏木とは全然違うタイプだけどミシャが今シーズン
打ち出しているコンセプトにフィットするんじゃないかなと思ったり。

新戦力のラファエル・シルヴァは新潟時代の印象ではカウンターで活きる
前を向いてスペースありきのFWだと思っていたけど早々にレッズで求め
られるタスクを理解したようでそれに加えて一人でフィニッシュまでいけ
るスキルを併せ持っているね。これは相当やれるんじゃないかな?

これでシーズン序盤の5連戦をなんとか勝ち越して乗り切った。
今年のミシャはタイトなゲームが出来るようになったチームを壊し
かねない危険な攻撃的姿勢をチームに要求しているようだけどこの
コンセプトはハイプレスとトランジションの速さで面制圧が可能だけど
抜け出されたときの脆さに対する備えがまだ全然出来ていないと思う。


3年ぶりに埼スタにやって来たセレッソ大阪。
あの頃はフォルラン、柿谷、セレ女()で『時はキタ!』とノリノリだった
のに見る影もなくJ2に染まっていた。
尹監督は鳥栖時代に何度も煮え湯を飲まされているので警戒していたけど
同じようなチームコンセプトではないのかも。
[PR]
by caz0322753 | 2017-03-05 22:30 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23697860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 修業は続くよいつまでも ACL FCソウル戦@埼スタ  >>