awayガンバ大阪戦
罰を受けた


圧倒したゲームなのに決めるべきチャンスで決めないとこういう結果になる
という典型的なゲーム…にならずよかったと思うしかないね。

柏木がリーグ開幕戦以来のスタメン復帰。
その柏木はシャドウというより興梠、ラファの2topとトップ下柏木の逆三角形
のカタチで復帰初戦とは思えない良いパフォーマンスだった。

大阪は数試合前のACLのなんたら戦から3バックを取り入れたそうでここ数試合
のJでは結果を出していたとか。
今野と倉田が前からやたらとハイプレスで追い回しているように見えたけど
この試合でも立ち上がりから30分くらいの時間帯はプレッシングとマーカー
のポジショニングでレッズの攻撃を消されていた。
まぁハイプレスとフィジカルコンタクトに対してはアングルを付けダイレクト
でパスを繋ぐことでカウンターになる取どころで獲らせない対応は出来て
いたかな。ピッチの幅を使った崩しや相手最終ラインの不安定さを衝いた決定機
をモノに出来なかった前半。
こういう展開は健太の大阪戦ではよく見るパターン…
嫌な感じで始まった後半はワンチャンスを見逃されずどフリーな左からのクロス
を今野の強烈なヘッドで先制を許す。

いつもの大阪戦がはじまるよー
いや、今日のレッズは点を獲るためバランスを崩すような強引な攻撃ではなく
じわじわ理詰めで追い詰めるような攻めを続けていた。
短いダイレクトパスで何度も完全に崩しているレッズを見ていてなんだか凄く
コレクティブでちょっと感動すらする冷静な攻撃で負けているのにイラつくこと
なくこれは勝てるなと余裕を持って見ていられた。

…勝てなかったんですけどねw

DAZNの実況はやたらとアデミウソンが持つと沸いていたけどマーク担当だった
遠藤はほぼパーフェクトにタスクをこなしたと思う。
怖いのはスピードに乗って持ち上がられることで、前を向かせずにいたらフッキ
のようなチートレベルのフィジカルはないのでね。
[PR]
by caz0322753 | 2017-03-19 23:47 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/23730621
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ことばあそび 甲府戦@埼スタ >>