NO RAIN NO RAINBOWなFC東京戦
どうやってもえふしーとーきょーに勝ってしまう!

高萩のミドルも中島の地を這うようなショットもバーとポストががーん
と弾いてしまう(ついでにやじしんのシュートも

埼スタへ向かう電車の車窓から見える(雨凄すぎて見えない)景色に
このまま引き返そうかと思いましたが。
激しい雷雨でKO時間が二度も変更になり20時キックオフに。

堀監督になって以来守備の意識付けの徹底とトレードオフに攻撃面は
17年型ミシャ式の超攻撃的スタイルと決別したわけですがこの試合で
はトリデンテとサイドの小気味良い連携から興梠さんが2得点。
特に2点目は目の覚めるようなダイレクトパスからセンターを完璧に
攻略してのゲット。最近のうっぷん晴らしにFC東京のバイタルが緩い
守備は格好の生贄に。

今日の目にしたweb記事では堀監督になり守れるレッズになったよう
なことが書いてあったけどまだそうは思えていない。
トランジションの意識、プレスバックの徹底など守備の意識付けは出来
てきたけど次の川崎のような攻撃的な相手にどこまでやれるかで今後の
シーズンの捉え方が変わると思う。
[PR]
by caz0322753 | 2017-08-21 23:45 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/237611186
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 備えあれば 守備ファーストの >>