俺さまの自由
「報道しない自由」についてね。

蹴球日本代表は6大会連続でワールドカップ出場を決めたわけです
が、試合後の監督会見がちょっと異様だったそうでハリルホジッチ
監督が一方的に喋り質問を受け付けず会見を切り上げたと。
ネット上の記事では監督がプライベートで深刻な問題を抱えており
辞任も示唆しているとありいつぞやのオフトの優勝会見を思い出し
なんだかなーと。

ハリルホジッチについてはメディアとの関係があまり良くないのか、
コンディション重視な選手起用に不満があるどこぞの三本線や代理店
が不満げなのか知りませんがw オーストラリアとの大一番を前にし
て引き分けなら更迭もあるような記事が出たり既に後任は誰々という
マスコミ辞令まで。
素人目にも的外れな戦術批判が書かれたりちょっと異常だなとは感じ
ていたのだけど昨日の練習後ハリルホジッチ監督が記者会見を開くと
知りNHKのライブ配信を見ることにした。
メディア経由では辞任が既定路線かのように感じ取れたけど冒頭で
田島JFA会長が今後も監督をサポートするとの言葉で辞任会見では?
との不安は杞憂に終わりましたが次に話を始めたハリルホジッチ監督
は前夜の発言は理不尽な批判をした人たちに対する言葉だったと打ち
明けました。
会見の全文はここにあります(Sports navi)


夜のNHKニュースやスポーツ系サイトでこの会見の内容が伝えられた
けどなぜ前夜ハリルホジッチがあのような会見をしたのかNHKニュース
からもスポーツ紙サイトの記事からも全く知ることが出来なかった。
前夜感情的になり辞任するかのようなコメントをしていた代表監督が
何事もなかったようにWカップに向けた抱負を話しているかのように
伝えるメディアのやり口…
これだと会見内容を知らない人は『なんだか気難しい爺さんなんだな』と
思いこれからもメディアの作り上げた監督像を信じちゃうんだろうなぁ…


最近これと似たようなことが国会でもあったんだよねー
恐ろしいのはこうしたメディアは「報道しない自由」で政権の支持率すら
急落させられると味をしめたことなんだけど。
これだけネットが普及しファクトチェックwがしやすい時代なのにいまだ
にテレビ報道や新聞記事を盲目的に信用しちゃうのは自分の首を絞める
行為じゃないですかね?
[PR]
by caz0322753 | 2017-09-02 10:23 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/237704415
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 残りシーズンの過ごし方について 備えあれば >>