その先の世界
カンペオンこと森孝慈・強化本部長が1月31日付で退任された。

森GMが代表監督だったあの試合のことも思い出すけど、やはりJ開幕年の
苦闘が思い出されます。森カンペオンが浦和に復帰されてからの4年はレッズに
とって改革の時代。カンペオンが撒いた種は芽を出し着実に育っていると思います。



今日はホームタウン優先予約の受付日、シーチケホルダーになる以前は
長々と電話相手に数字を打ち込んでいたっけ。
開幕からの日程を改めて見てみると楽な相手などいないことに気づく。
2位も5位も紙一重だった昨シーズン、上位にはひとつも勝てなかった
という事実。部外者は「浦和はビッグクラブ」などと囃したててもレッズは
リーグ優勝もしたことがない挑戦者。そのことを忘れずにいこう。
[PR]
by caz0322753 | 2006-02-01 13:05 | 浦和レッズ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://directpass.exblog.jp/tb/3122566
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 浦和、夏季独逸合宿へ 社長はアクリル板を忘れてなかった >>